アレクサンドリアのカタリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンドリアの聖カタリナ
Michelangelo Caravaggio 060.jpg
『聖カテリーナ』(カラヴァッジョ画。1598年頃)
他言語表記 : ἡ Ἁγία Αἰκατερίνη ἡ Μεγαλομάρτυς
: Sancta Catharina Alexandrina
: Saint Catherine of Alexandria
生誕 287年
エジプトの旗 エジプト アレクサンドリア
死没 305年
エジプトの旗 エジプト アレクサンドリア
崇敬する教派 正教会東方諸教会カトリック教会アングリカン・コミュニオンルーテル教会
主要聖地 聖カタリナ修道院エジプト
記念日 11月25日(正教会では同24日
象徴 壊れた車輪、、足下の王冠、霰、花嫁のヴェールと指輪、、本、異教の哲学者と論争する女性
守護対象 急死、キリスト教の弁証者、車輪作りの職人(陶工紡績業者を含む)、記録保管係、教育者、研ぎ職人、弁護士、少女、機械工、製粉業者看護師図書司書学者。大学では、ベリオール・カレッジ (オックスフォード大学)パリ大学
『アレクサンドリアのカタリナ』(カルロ・クリヴェッリ画)
『聖カタリナの神秘の結婚』(ジュゼッペ・リベラ画、1648年)、カタリナは、聖母マリアの抱く幼児のキリストにキスをしている。背後にはアンナとヨセフ

聖カタリナまたはアレクサンドリアのカタリナギリシア語: ἡ Ἁγία Αἰκατερίνη ἡ Μεγαλομάρτυς, ラテン語: Sancta Catharina Alexandrina, 287年 - 305年)は、キリスト教聖人殉教者

正教会では大致命女エカテリナとして敬われ、ローマ・カトリックでは伝統的に『十四救難聖人』の一人とされている。ジャンヌ・ダルクと話したとされる聖人の一人。祝日は11月25日(ロシアなどの正教会では11月24日)。

彼女の象徴として、壊れた車輪、剣、足下の王冠、霰、花嫁のヴェールと指輪、鳩、鞭、本、異教の哲学者と論争する女性、などが用いられる。キリスト教の弁証者、車輪作りの職人(陶工と紡績業者を含む)、記録保管係、教育者、研ぎ職人、弁護士、少女、機械工、製粉業者、看護師、図書司書、学者など多くの分野の守護聖人オックスフォード大学ベリオール・カレッジパリ大学の守護聖人。

生涯と伝説[編集]

皇帝ディオクレティアヌスとマクシミアヌスの時代、帝国内のあちこちで圧政に対する反乱が起った。アルメニアの情勢も不穏になったので、コンスタンティウス (Constantius) という若い高官がローマから派遣された。アルメニアに到着したコンスタンティウスは優れた手腕で反乱を収め、当地の人々の信頼を勝ち得た。コンスタンティウスはアルメニアの王に乞われて娘と結婚したが、その直後に王が亡くなったため、アルメニア王に即位した。妃はまもなくコストゥス (Costus) という男の子をんだ。

 コンスタンティウスはアルメニアの状況を皇帝に報告するためにローマに戻ったが、このときブリタンニアに反乱が起こり、コンスタンティウスはブリタンニアに派遣された。コンスタンティウスはここでも優れた手腕で反乱を収め、王コウル (Cole/Coel) に乞われて娘ヘレナと結婚した。ヘレナはコンスタンティヌス (Constantinus) という男の子を生んだ。コンスタンティウスは妻子を残してまもなく亡くなるが、息子コンスタンティヌスは祖父コウルを継いでブリタンニアの王になった。このコンスタンティヌスは、後にローマ皇帝に即位して、コンスタンティヌス大帝と呼ばれることになる。

 いっぽうアルメニアの王子であるもうひとりの息子コストゥスはキプロスの王女と結婚した。コストゥス王と王妃は優れた人物だったが、異教徒であった。ふたりの間に生まれた娘カタリナはたいへん美しい子供であるだけでなく、知性においても非常に優れており、自由学芸に通じていた。王は娘のためにたくさんの書斎がある塔を建てさせ、領内で最も優秀な学者たちを雇ったが、しばらくすると彼らの方がカタリナの弟子になってしまったほどだった。

 カタリナが14歳のとき父王が亡くなり、カタリナが女王に即位した。即位式の際にひとりの臣下が進み出てカタリナの前に跪き、善き君主であった父王のように国を収め、子孫を残してくれる結婚相手を見つけてほしいという願いを奏上した。生涯純潔を通す決心であったカタリナは、これに答え、この幸せな国に敢えて他所から王を迎える必要はないと言った。  次におじが立ち上がり、カタリナの高貴な血筋、豊かな富、誰よりも優れた知恵、美しい容姿を断絶させないためにも結婚することが必要であると言うと、カタリナは次のように答えた。「私の結婚相手は血筋、富、知恵、容姿のいずれにおいても私自身に勝らねばなりません。すなわち皆が礼拝するほど高貴な血筋で、その富は誰にも勝り、天使が見とれるほど美しく、処女を母に持つほど清らかで、自身に対して為されたどのような不正をも赦すほど心優しいかたでなければなりません。あなたたちがそのようなかたを見つけたら、私はそのかたと結婚いたしましょう。」

 カタリナは単に結婚を逃れるためにこう言ったのではなく、そのような理想の夫に出会いたいと心から願っていたのだった。カタリナの心はまだ見ぬ夫への愛に燃え、何ものもその炎を消すことはできなかった。

 このころ、アレクサンドリア近郊の砂漠で30年にわたって苦行を続けるアドリアヌス (Adrianus) という隠者がいた。アドリアヌスが瞑想しながら庵の前を歩いていると、聖母マリアが出現して、次のように命じた。「アレクサンドリアにあるカタリナ女王の宮殿に行きなさい。女王は純潔を守るために母や臣下たちと戦っています。彼女が夫に選んだのはわたしの息子であり、わたしは処女であるということ、また息子は彼女の美を望み、純潔を愛しているということをカタリナに伝えなさい。あなたはカタリナをここに連れて来なさい。彼女はこの宮殿で新しい服に着替えて息子に会い、永遠の契りを交わすのです。」

 アドリアヌスがアレクサンドリアの宮殿に行くと、天使の助けによってすべての門と扉が開いており、アドリアヌスはカタリナがひとりで瞑想に耽っている秘密の書斎にたどりつくことができた。アドリアヌスが理想の夫の使いであると悟ったカタリナは、隠者に従って誰にも知られずに宮殿とアレクサンドリアを後にした。砂漠に向かう途中、カタリナはアドリアヌスに数多くの質問をし、アドリアヌスはキリストの教えを解き明かした。

ふたりは砂漠で道に迷いかけたが、カタリナが「あなたを遣わした女性が私たちを砂漠で死なせるわけがありません」と言うと、これまで見たことがないような立派な修道院が遠くに見えた。修道院の門にたどりついたふたりは、白い衣を着て白百合の花輪を頭に被った一団に迎えられた。カタリナがそのうちのひとりに案内されて奥に進むと、次の門では紫の衣を着て赤い薔薇の花輪を頭に被った一団に迎えられた。彼ら殉教者たちは、「主はこれまでの誰よりもあなたを歓迎してくださいます。あなたをお待ちになっています。」とカタリナに言い、彼女を聖堂に連れていった。

 聖堂には妙なる調べが流れており、多数の天使、聖人たちに囲まれて、女王なる聖母マリアが立っていた。聖母はカタリナに「娘よ。あなたが宮殿で話していた未来の夫を覚えていますか」と言い、カタリナは「覚えております。主は恵みによって私の眼を開き、道を示してくださいました。私は何よりも夫を愛します。夫がいなければ生きることもできません」と答えた。聖母はこれに答えて「あなたを息子に会わせるには、まず洗礼により新しい衣を着てもらわねばなりません」と言い、アドリアヌスを側に呼んで、カタリナに洗礼を施すように命じた。

 洗礼を受けたカタリナが聖母に伴われて次の間に入ると、そこには天使の軍勢に囲まれたイエス・キリストがいた。聖母がイエスに「主よ。あなたへの愛ゆえに地上の全てを棄てて、わたしの招きに応じたカタリナが来ています。」と言うと、イエスはカタリナに「妻よ。わたしに手を差し出しなさい」と命じ、その指にリングをはめた。

結婚式が終わると、イエスはカタリナに対して次のように言った。「わたしはもう帰らねばならない。あなたは10日のあいだアドリアヌスの許に留まって、わたしの定めと思いを完全に理解しなさい。アレクサンドリアの宮殿に帰ったら母が亡くなっているが、心配することはない。わたしはあなたの身代わりを宮殿に置いたので、あなたが不在であったことは誰にも気づかれていない。あなたが戻れば身代わりは消える。」次にイエスはカタリナを祝福し、姿を消した。カタリナは夫と離れた悲しみのあまり、長い間気を失っていた。アドリアヌスが嘆く声に目を覚ますと、立派な修道院は消え失せており、アドリアヌスの庵があるだけだったが、指にはイエスがくれたリングがはまっていた。

このころ皇帝マクセンティウス (Marcus Aurelius Valerius Maxentius, c. 278 - 312) がアレクサンドリアにやってきた。皇帝はアレクサンドリアでは異教の祝祭を挙行し、神々に犠牲を捧げないキリスト教徒を殺害しようとしていた。

 当時18歳であったカタリナは、これを止めさせるために神殿に出掛け、大勢の人々の前で生贄を捧げようとしている皇帝に対して、人の手で作られた物にすぎない異教の神々を崇める愚を説いた。カタリナはその優れた知性で神の独り子の受肉について論じ、皇帝は反論できなかったが、カタリナの美しさに惹かれた皇帝はカタリナを手荒に扱わず、自分の宮殿に連れて行かせた。

 神殿から自分の宮殿に帰った皇帝はカタリナと議論しても勝てないことを悟り、異教の優越性を示すために帝国じゅうから最も学識高い50人の学者と弁論家を集めてカタリナと対決させた。学者たちは神が人となって死ぬことはあり得ないと言ったが、カタリナはプラトンやシビラを引用して議論し、学者たちは彼女に反論できなかった。皇帝は学者たちに怒ったが、彼らのうちでも最も学識ある人は皇帝に向かって次のように言った。「この女性が話すのは神の言葉であり、我々はイエス・キリストに敵対することができません。我々がこれまで拝んできたものが正しいということを陛下が示してくださらないならば、我々は皆、イエス・キリストの信徒になります。」

怒った皇帝は学者たちを火刑に処することにしたが、カタリナは彼らを勇気付け、彼らは自身の血によって洗礼を受け、天で王冠を得るであろうと言った。学者たちは勇敢に殉教していったが、彼らの遺体は火によって損なわれなかった。

皇帝はカタリナに対して「お前を私の愛妾にしよう。お前の肖像はアレクサンドリアの街なかに掲げられ、女神として崇拝されるであろう」と言ったが、カタリナは答えて「それは考えるだけでも汚らわしいことです。私はイエス・キリストのものであり、イエス・キリストだけを愛しています。どのような言葉も責め苦も、イエス・キリストから私を引き離すことはできません。」と言った。怒った皇帝はカタリナを裸にして鉤付きの鞭で打ったうえ、真っ暗な牢に投獄した。カタリナは12日のあいだ食事を与えられなかった。

 皇帝が所用のために国を出ると、皇妃はカタリナに対する愛に捉えられた。皇妃と高官ポルフュリオスがカタリナの牢を訪れると、牢内は光に満たされて、天使がカタリナの傷に香油を塗っていた。カタリナは天国の喜びについて皇妃に語り、皇妃は回心しキリストを信じた。カタリナは皇妃が殉教の栄冠を得るであろうと言い、ふたりは夜中まで語り合った。カタリナの言葉を聞いたポルフュリオスはカタリナの足下にひれ伏し、彼に従う200名の兵士とともにキリストの信仰を受け入れた。

皇帝の命により、カタリナには12日のあいだ食事が与えられなかったので、キリストは天の食事を白鳩に運ばせた。その後キリストは大勢の天使及び処女たちとともにカタリナに現れて、「この苦しい戦いは造り主のためである。わたしはあなたとともにいる。強くありなさい」と励ました。

帰国した皇帝はカタリナを連れてこさせたが、飢えと責め苦に衰弱していないのを見て怒り、秘かに食事を与えたであろう獄吏たちを拷問するように命じたが、カタリナは「イエス・キリストが天使に命じて私に食事をくれたのです」と答えた。皇帝はカタリナに「よく考えて答えよ。お前を愛妾ではなく皇妃にしてやろう。」と言うと、カタリナは「強く誉れ高く美しい王と、弱く頼りにならず賤しく汚らわしい男と、私はどちらを選べばよいとお思いですか」と答えた。怒った皇帝は「神々に生贄を捧げて生きるか、さまざまな責め苦に遭って死ぬか、どちらかを選べ」と言うと、カタリナは「早く責め苦に遭わせてください。神が私のために血と肉を捧げたもうたように、私も神に血と肉を捧げたいのです。」と答えた。

 ある高官の提案により、カタリナは刃が付いた車輪を組み合わせた恐ろしい刑具で殺されることになった。カタリナは神が車輪を壊して栄光を現し、人々を回心させてくれるように祈ったが、果たして天使が車輪を強い力で破壊したので、飛び散った破片に当たって4000人の異教徒が死んだ。

この様子を見た皇妃が皇帝の残酷さを責めたので、怒った皇帝は皇妃の乳首をむしり取ったうえで斬首することを命じた。皇妃は自分のために祈ってくれるようにカタリナに頼み、カタリナは殉教する皇妃を励ました。皇妃は城外に連れ出され、ペンチで乳首をちぎられたうえ斬首された。皇妃の遺体はポルフィリオスによって埋葬された。

 次の日、皇妃の遺体のありかを知るために、皇帝が人々を拷問にかけようとしたところ、ポルフィリオスは自分が埋葬したことを申し出て、自らのキリスト教信仰を告白した。右腕と頼む側近ポルフィリオスの裏切りに怒り狂った皇帝は、兵士たちに不満をぶちまけたが、兵士たちもまたキリスト教徒となったことを告白し、イエス・キリストのためなら殉教を厭いませんと口々に言った。皇帝は全員の斬首を命じ、カタリナに対して「魔女よ。皇妃を死に至らせたのはお前だ。それを悔いるならお前を皇妃にしよう。神々に生贄を捧げよ。さもなくば斬首するぞ」と言ったが、カタリナは「お好きになさい。すべてに耐え忍ぶ覚悟はできています」と毅然と答えた。

 皇帝はついにカタリナの斬首を命じた。カタリナが目を天に向けて祈ると、「わたしの許に来なさい、愛しい妻よ。見なさい。天国の門はあなたに対して開かれている。あなたの殉教をほめたたえる者に、わたしは天国の慰めを約束しよう。」という声が聞こえてきた。

 カタリナが斬首されると、その体からは血ではなくミルクが流れ出した。天使がカタリナの遺体を取り上げてシナイ山に運び、丁寧に埋葬した。この骨から流れ出る香油はあらゆる病を癒すと言われている。

東ローマ皇帝ユスティニアヌス1世 (Flavius Petrus Sabbatius Iustinianus, 483 - 565) は、カタリナの遺体が天使によって運ばれたとされるシナイ山に、聖カタリナ修道院を設立した。シナイ山の聖カタリナ修道院は現在も機能している世界最古の修道院で、写本やイコンなどキリスト教美術の宝庫として知られている。

関連項目[編集]

 この記事にはパブリックドメインである次の百科事典本文を含む: Herbermann, Charles, ed. (1913). "要記事名". Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton.