ヒュパティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒュパティア
Ὑπατία, Hypatia
1908年の想像画
1908年の想像画
生誕 350年370年
アエギュプトゥス
死没 415年3月
アレクサンドリア
研究分野 哲学
数学
天文学
研究機関 アレクサンドリア図書館ムセイオン
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヒュパティアὙπατία, Hypatia350年370年頃 - 415年3月)は、東ローマ時代のエジプトで活動したギリシャ系数学者天文学者新プラトン主義哲学者ハイパティアともヒパティアとも呼ばれる。暴徒によって殺された。

人物[編集]

『ヒュパティア』チャールズ・ウィリアム・ミッチェルによる絵画

アレクサンドリアのテオンの娘として生まれた。400年頃、アレクサンドリア新プラトン主義哲学の学校の校長になり、プラトンアリストテレスの思想について講義を行ったという。当時の彼女の書簡、例えばシュネシオス英語版(その後410年頃にキレナイカ地方のプトレマイス英語版司教となる)との間で交わされた書簡のいくつかはまだ現存している。

数学と哲学の教えを、新プラトン主義の創始者プロティノスと新プラトン主義のシリアでの分派の創設者イアンブリコスの2人から受けた。彼女は様々な書物に対して註解を著した。後世の『スーダ辞典』によれば、ディオファントスが著した『算術』にも、ペルガのアポロニウス著の『コニクス』にも、そして、天文のカノン(おそらくはプトレマイオスの『アルマゲスト』)に対しても註解を著したという。彼女の父テオンの著した『アルマゲスト解説』第3巻にも彼女が加筆したと伝えられる。これらの註解は散逸してしまったが、『算術』の註解は現存するアラビア語版の一部として断片的に残っている。

彼女のアストロラーベ(天体観測儀)とハイドロスコープ(液体比重計としてピエール・ド・フェルマーによって17世紀に確認された)の発明については、彼女に意見を聞いたシュネシオスの手紙の中で知られていることから、彼女が特に天文学と数学に専念していたことを示している。また、彼女による哲学の著述も全く存在は知られていない。

キリスト教との反目[編集]

新プラトン主義の他の学校の教義より、彼女の哲学はより学術的で、その関心のためか科学的で神秘主義を廃し、しかも妥協しない点では、キリスト教徒からすると全く異端であった。

それでも、「考えるあなたの権利を保有してください。なぜなら、まったく考えないことよりは誤ったことも考えてさえすれば良いのです」とか「真実として迷信を教えることは、とても恐ろしいことです」という彼女のものであると考えられている言動は、当時のキリスト教徒を激怒させた。

その時すでに彼女は、キリスト教から見て神に対する冒涜と同一視された思想と学問の象徴とされた。

当時の社会[編集]

キリスト教徒のテオドシウス1世379年 - 392年:ローマ帝国東部の皇帝→392年 - 395年:全ローマ帝国の皇帝)は、380年に異教と異端アリウス派に対してローマ帝国全域での迫害の方針を定めた。

391年、テオドシウスはテオフィロス(アレクサンドリアのキリスト教司教)の求めに答えて、エジプトの非キリスト教の宗教施設・神殿を破壊する許可を与えた。キリスト教の暴徒は、サラピス寺院やアレクサンドリア図書館や他の異教の記念碑・神殿を破壊した。その後、393年には法律で暴力、特に略奪とユダヤ人シナゴーグの破壊を抑えようとの試みがなされた。

だが、412年、アレクサンドリアの総司教 John I of Antioch英語版が後ろ盾となっていた強硬派のキュリロスによる異教徒迫害および破壊活動が起きた[1]

そしてキリスト教徒の集団により、414年、アレクサンドリアからのユダヤ人の違法で強制的な追放がなされ、緊張がその頂点に達する。

[編集]

虐殺されるヒュパティア

こうした雰囲気の中で415年、暴徒(キリスト教徒かどうかは不明[2])によって殺された。エドワード・ギボンは『ローマ帝国衰亡史』にて、四旬節のある日、総司教キュリロスらが馬車で学園に向かっていたヒュパティアを馬車から引きずりおろし、教会に連れ込んだあと、彼女を裸にして、カキ貝殻で生きたまま彼女の肉を骨から削ぎ落として殺害したと伝えている[3]

この事件によりエフェソス公会議が開かれ、総司教もネストリウス派も一致して、「キュリロスは教会を破壊するために生まれ育ってきた怪物である」と非難した。現在も教会暦による聖人カレンダーにはキュリロスの名は掲載されていない[要出典]

その後のアレクサンドリアでは、キリスト教徒・ユダヤ教徒がプトレマイオス朝以来の知的成果(プラトン主義を含む)を引き継ぎ、アラブ人に征服されるまで聖書文献学の中心として発展した[4]

劇的な虐殺の詳細と共に、博識で美しき女性哲学者だったヒュパティアの伝説は、後世に多数の作家による文学作品となった。

脚注[編集]

  1. ^ グラゴル文字を考案したキュリロス_(スラヴの(亜)使徒)とは別人である。
  2. ^ 『世界哲学史2』(ちくま新書、2020年)189ページ
  3. ^ 生きたまま肉を削ぎ落とされたという記録は、このギボンの叙述から一般に流布したもので、ギボンの想像力からイメージが独り歩きした可能性がある。ギリシャ語で「カキの貝殻(ostrakois;oystershells)」という言葉が使われているが、これはギリシャではカキの貝殻を、家の屋根などのタイルとして使用していたことに由来する。英語では、「タイル(tiles)で殺され、体を切断された後、焼却された」と訳されているSocrates Scholasticus: The Murder of Hypatia
  4. ^ 『世界哲学史2』112-113、190ページ

参考文献[編集]

  • Ph. Schaff and H. Wace, Socrates, Sozomenus: Church Histories, (A Select Library of Nicene and Post-Nicene fathers of Christian Church: second series), vol. 2, Oxford, London, 1890, pp.159-160.
  • Maria Dzielska Tr. F. Lyra, Hypatia of Alexandoria. Harvard University Press, 1995.
  • チャールズ・キングスレー『ハイペシア』村山勇三訳、春秋社, 1924 
  • マーガレット・アーリク『男装の科学者たち ヒュパティアからマリー・キュリーへ』上平初穂・上平恒・荒川泓訳、北海道大学図書刊行会, 1999 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]