スペウシッポス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スペウシッポス
17世紀に想像で描かれたスペウシッポス
別名 別名
生誕 紀元前407年
ギリシアアテナイ
死没 紀元前339年
死没地
時代 古代哲学
地域 西洋哲学
学派 プラトン主義ピタゴラス学派の調和
研究分野 イデア論を捨てピタゴラス学派を研究
認識論形而上学倫理の研究
テンプレートを表示
想像で描かれたスペウシッポス(ニュルンベルク年代記

スペウシッポス: Σπεύσιππος: Speusippus紀元前407年頃 - 紀元前339年)は、古代ギリシアアテナイ哲学者数学者。アテナイにアカデメイアを開いたプラトン(プラトンの姉妹ポトネ英語版息子)で、プラトンの死後に紀元前347年から紀元前339年にかけて第二代アカデメイア学頭を務めたことで知られる[1]

アリストテレスが述べた「今の人々にとっては数学的諸学が哲学であることになってしまった」と言う言葉はスペウシッポスに向けたものだと言われ[2]、スペウシッポスがプラトンの後を継いで第二代アカデメイアの学頭になるとアリストテレスはアカデメイアを去ってしまった。

プラトンはイデア論を唱えていたものの、スペウシッポスが学頭になるとイデア論を排除し、プラトン主義ピタゴラス学派調和を試みたが、数学的対象を第一義的な実在と解する点など、プラトン主義を離れてピタゴラス学派や数論へ傾倒したためにアリストテレスはアカデメイアを離れたとされる。

スペウシッポスの主張には、倫理学に於いて快楽はそれ自体悪であると説いたり[3]したが、現存するスペウシッポスの著作は断片的である。

最期は脳梗塞で亡くなった。

脚注・参考文献[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]