アルケシラオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルケシラオスArcesilaus, ギリシア語: Ἀρκεσίλαος, 紀元前316年/紀元前315年頃 - 紀元前241年/紀元前240年頃)は、ギリシャ哲学者で、中期アカデメイア派の創始者。アテナイのクラテスの後を継いでアカデメイアの学頭となり、エポケー(epoché, 判断保留)の導入により、アカデメイアを懐疑主義に向かわせた。

生涯[編集]

アルケシラオスはアイオリスのピタネで生まれた。最初に教えを受けたのは、数学者ピタネのアウトリュコスで、共にサルディス(Sardis)に移住した。それから修辞学を学ぶためにアテナイに行ったが、哲学に転じ、最初テオフラストゥスの、続いてクラントルの弟子となった。その後、ポレモンPolemon)およびアテナイのクラテスと親しくなり、クラテスの死後(紀元前265年から紀元前241年)、アカデメイアの学頭となった。

ディオゲネス・ラエルティオスによると、アルケシラオスは後継者のキュレネのラキュデス同様、深酒で死んだと言われるが[1]クレアンテスらの証言やアルケシラオスの哲学から考えると、この逸話はいささか疑わしく、また、アテナイ人から大変尊敬されていたようである。

哲学[編集]

ソクラテス同様、アルケシラオスは何も書き残さなかったため、その主張は後世のキケロセクストス・エンペイリコスらの著作から推量するしかない。たとえば、キケロは、アルケシラオスの教えは「彼は何も知らない、彼自身の無知さえも」という文句の中に要約されていると言っている[2]。アルケラシオスは世界の真理を見いだす感覚の力を疑っていたが、真理それ自体の存在を疑ったかどうかはわからない。

脚注[編集]

  1. ^ ディオゲネス・ラエルティオス『ギリシア哲学者列伝』iv.6.44
  2. ^ キケロ『アカデミカ』i. 12

参考文献[編集]

外部リンク[編集]