アイオリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイオリスの位置
スミルナのアゴラの眺め

アイオリス(古代ギリシャ語Αιολίς, Aiolís, 英語Aeolis)またはアイオリア(古代ギリシャ語: Αιολία, Aiolía, 英語Aeolia)は、小アジア地方の北北西に位置する地方で、アイオリス人の古代ギリシア都市国家群があった。大部分は海岸沿いで、沖にはレスボス島などの島々もあった。北をミュシア、南をイオニア、東をリディアとそれぞれ国境を接していた。

地理[編集]

アイオリスは小アジア西海岸に位置する古代の地方で、ヘレスポントス海峡(現ダーダネルス海峡)の玄関口から南のヘルムス川(現ゲディズ川 Gediz River)にかけて、エーゲ海沿いに広がっていた。地名は紀元前1000年以前にギリシアから移民してきたアイオリス人に由来する。しかし、アイオリスは地理的な地方というより、むしろ民族学的・言語学的包領で、ミュシアの一部(南部)と見なされることも多い。

歴史[編集]

ヘロドトス歴史』によると(1.149)、紀元前8世紀の時点で、アイオリス人の12の都市国家があり、都市連合(ドデカポリス)を結成していた。各都市は次の通りである。

  • キュメCymeまたはKymi)別名プリコニス(Phriconis)
  • レリサイまたはラリッサ(Larissae)
  • ネオン・テイコス(Neonteichos)
  • テムノス(Temnus
  • キラ(Cilla)
  • ノティオン(Notium)
  • アイギロエッサ(Aegiroessa)
  • ピタネ(Pitane
  • アイガイアイ(Aigai
  • ミュリナ(Myrina
  • グリュネイア(Gryneia)
  • スミルナまたはスミュルナ(Smyrna) - 現イズミル

この中で最も有名な都市はスミルナだが、紀元前699年、スミルナはイオニア同盟に加盟した。残った諸都市はリディア王クロイソス(在位:紀元前560年 - 紀元前546年)に征服された。その後も、ペルシアマケドニア王国セレウコス朝ペルガモンに支配された。

紀元前133年、ペルガモン王アッタロス3世はアイオリスをローマに遺贈し、そのすぐ後、ローマのアシア属州の一部となった。ローマ帝国が分裂した時には(395年)、アイオリスは東ローマ帝国のものとなり、その後、1400年代初期にオスマン帝国に占領された。

アイオリス地方の出身者[編集]

伝承[編集]

ホメーロスの『オデュッセイア』の中で、オデュッセウスキュクロープスの国を脱出した後、風の神アイオロスの島に着き、西風ゼピュロスの詰まった袋を渡される(第十歌)。

参考文献[編集]

  • Pierluigi Bonanno, Aiolis. Storia e archeologia di una regione dell’Asia Minore alla fine del II millennio a.C., USA, 2006