アレクサンドリアのディオファントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1621年刊行のバシェによるラテン語版『算術』。

アレクサンドリアのディオファントスギリシア語Διόφαντος ὁ Ἀλεξανδρεύς英語:Diophantus of Alexandria、生没年不詳、推定生年 200年 - 214年、推定没年 284年 - 298年)はローマ帝国時代のエジプト数学者ディオファントス方程式ディオファントス近似は彼の名にちなむ。「代数学の父」と呼ばれることもある。

略歴[編集]

エジプトアレクサンドリアに住んでいたということ以外は、彼の人物についての詳細は不明。ディオファントスの著した13巻に及ぶ『算術』 ("Arithmetica") が有名である。同書が翻訳された16世紀以降のヨーロッパにおける代数学発展に深く影響した。現存している同書のギリシャ語版は6巻分のみ、アラビア語版は4巻分である。また、多角数についての著書もある。

フェルマーの書き込みを含む1670年版の『算術』。特に「フェルマーの最終定理」(Observatio Domini Petri de Fermat) を記したページ。

フェルマーの最終定理を含めてフェルマーが余白に書き込みをしたのは、1621年刊行のバシェによるラテン語版『算術』である。フェルマーの書き込みが知られるようになったのは、1670年にフェルマーの息子のサミュエルが書き込みを追加した『算術』を出版してからである。

ディオファントスの墓碑銘[編集]

ディオファントスの墓碑銘として知られる問題がある。次のような問題である。簡単な一次方程式を立てて解けば84歳という解が得られる。

ディオファントスの人生は、6分の1が少年期、12分の1が青年期であり、その後に人生の7分の1が経って結婚し、結婚して5年で子供に恵まれた。ところがその子はディオファントスの一生の半分しか生きずに世を去った。自分の子を失って4年後にディオファントスも亡くなった。

「12分の1」が“頬ヒゲを蓄えるまでの期間”を表して「7分の1」の後に来る話もある。いずれにせよ解は変わらない。

著作[編集]

  • Diophantus (of Alexandria) (2014-02-22) (ラテン語), Diophanti Alexandrini Opera Omnia: Cum Graecis Commentariis, 1 (Primary Source Edition ed.), Nabu Press, ISBN 978-1-295-67972-0 
  • Sesiano, Jacques (2011-10-14), Books IV to VII of Diophantus’ Arithmetica: in the Arabic Translation Attributed to Qustā ibn Lūqā, Springer, doi:10.1007/978-1-461-38176-1, ISBN 978-1-461-38176-1 

関連項目[編集]

  • Eテレ2355 - 「ディオファントスの一生」という題名で、ディオファントスの墓碑銘と、その解法を紹介する歌を狩人が歌っている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]