商都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

商都(しょうと)とは、商取引が活発な都市や古くから商業を中心として発展してきた都市につけられた愛称である。商業都市(しょうぎょうとし)とも呼ばれる。

主な商都[編集]

日本の商都[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

九州地方[編集]

  • 福岡県の旗福岡県福岡市 - 歴史的にも大陸との繋がりが強く、博多が貿易の玄関口となっていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度第5回定例記者会見資料(平成28年10月14日開催)” (日本語). 船橋市ホームページ. 2019年4月1日閲覧。
  2. ^ 特に昭和53年(1978年)を中心に新聞・雑誌に「津田沼戦争」「戦場にかける橋」(総武線上をかけただけでなく、当地にあった鉄道連隊もかけたと見られている) 、「津田沼も戦国時代」という見出しが現れた。 東武百貨店著『グッドデパートメント東武百貨店30年の歩み』船橋東武小史・P.177「激戦地、船橋・津田沼」より

関連項目[編集]