アクスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界遺産 アクスム
エチオピア
アクスムの屹立するステッレ
アクスムの屹立するステッレ
英名 Aksum
仏名 Axoum
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (4)
登録年 1980年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
アクスムの位置
使用方法表示
シオンのマリア教会

アクスムは、エチオピア北部の街。 アドワ山地の麓に近いティグレ州メハケレグナウ圏 (英語: Mehakelegnaw Zone) にある。

かつてのアクスム王国の中心地である。 この王国は、イエス誕生の頃に勃興し、在りし日のペルシャ帝国に対抗する東ローマ帝国の半同盟国として、海上貿易で栄えたキリスト教国であった。 しかし、この王国は7世紀に没落した。 理由は不明だが、イスラームの勃興により、沿岸部の航海しかできないでいた貿易船の航行が妨害され、アレクサンドリアコンスタンティノポリスなどの主要市場との関係が絶たれたことが衰退につながったと推測されている。 王国の衰退とともにアスクムの都市も衰退した。 この結果、エチオピア帝国の中心地は内陸部にシフトした[1]

2015年の人口は6万6800人[2]。 その75%がエチオピア正教徒で、残りはスンニ派ムスリムや非正教系のキリスト教徒である。

アクスム

アクスムに入るには、アスクム空港英語版がある(IATA:AXU、ICAO:HAXX)。

その歴史的価値から、考古遺跡群がユネスコ世界遺産に登録されている。

Earlier researches[編集]

In February 1893, the British explorers Theodore Bent and Mabel Bent travelled by boat to Massawa on the Red Sea west coast and made their way overland to excavate at Aksum and Yeha, in the hope of researching possible links between early trading networks and cultures on both sides of the Red Sea.[3] They reached Aksum by 24 February 1893,[4] but their work was curtailed[5]by the tensions between the Italian occupiers and local warlords, continuing ramifications of the First Italo-Ethiopian War, and they had to make a hasty retreat by the end of March to Zula for passage back to England.[6]

Climate[編集]

Köppen-Geiger climate classification system classifies its climate as subtropical highland (Cwb).[7]

Axumの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 25.9
(78.6)
27.2
(81)
28.6
(83.5)
29.4
(84.9)
28.8
(83.8)
27.0
(80.6)
22.5
(72.5)
22.3
(72.1)
24.8
(76.6)
26.3
(79.3)
26.8
(80.2)
25.7
(78.3)
26.28
(79.28)
日平均気温 °C°F 16.7
(62.1)
17.8
(64)
17.7
(63.9)
21.0
(69.8)
20.8
(69.4)
19.7
(67.5)
17.2
(63)
17.4
(63.3)
17.9
(64.2)
17.9
(64.2)
17.4
(63.3)
16.2
(61.2)
18.14
(64.66)
平均最低気温 °C°F 7.5
(45.5)
8.4
(47.1)
10.8
(51.4)
12.7
(54.9)
12.9
(55.2)
12.4
(54.3)
12.0
(53.6)
12.6
(54.7)
11.1
(52)
9.6
(49.3)
8.0
(46.4)
6.7
(44.1)
10.39
(50.71)
降水量 mm (inch) 3
(0.12)
2
(0.08)
9
(0.35)
27
(1.06)
31
(1.22)
67
(2.64)
221
(8.7)
199
(7.83)
67
(2.64)
12
(0.47)
13
(0.51)
1
(0.04)
652
(25.66)
出典:Climate-Data.org (altitude: 2133m)[7]

人口[編集]

歴史[編集]

アクスム王国はゲーズ語 (: Ge'ez) と呼ばれる独自の文字言語を持っており、古いものは紀元前5000年から前2000年まで遡る巨大なオベリスクに代表される独自の建築様式を発達させていた[8]。この王国はエザナ王の時に最盛期を迎えた。公式にキリスト教に改宗したのもこの時期で、エザナ王もアブレハという洗礼名を持つ[9]。初期の伝道を行った人物としてエチオピアの大主教フルメンティがいる。

エチオピア正教会は、シオンのマリア教会英語版(Church of Our Lady Mary of Zion)の小礼拝堂にモーセの十戒を刻んだ石版を納めた契約の聖櫃があると主張している。この教会ではファシリデス帝の治世まで、数世紀にわたり代々のエチオピア皇帝が礼拝し、中断の後、ヨハンネス4世から帝政の終焉まで再び歴代皇帝が通っていた。アクスムはエチオピア最高の聖地であり、重要な巡礼地なのである[10]

1月19日には重要な祭事であるティムケット祭(T'imk'et Festival, 正教会でいう神現祭、西洋世界でいう公現祭)が行われ、11月下旬にはマリヤム・シオン祭が行われる。

1937年に1700年前のオベリスク(全高24m)をイタリア軍が3分割し、ローマに持ち帰った。このオベリスクがアクスム王国最盛期の技術の最良の例証の一つであることは衆目の一致するところであり、1947年に国連はオベリスクがエチオピアに返還されるべきであると決議した。しかし、イタリアは承諾せず、両国政府の長い外交交渉の末に、2005年に返還された。

遺跡[編集]

ステッレ[編集]

ステッレ

アクスムの遺跡の中で特徴的なのは、ステッレKing Ezana's Stele)と呼ばれるオベリスクである。立っているもので最高のものは全高24mのエザナ王のステッレである。ステッレが集中する北ステッレ公園には横たえられた33mのステッレもあるが、これは建築中に倒れたと考えられている。それらは墓標だったようであり、鋳造された金属板を側面に貼り、窓などを思わせる建築上の彫刻が施されている。

他の史跡[編集]

シオンのマリア教会の石版が納められているという礼拝堂
  • シオンのマリア教会 - これは1665年建造であり、既に触れたように契約の聖櫃を納めていると主張している。
  • 建築や民族誌に関する博物館
  • エザナストーン(Ezana Stone) - これは、ロゼッタ・ストーンのようにサベ語、ゲーズ語、古代ギリシャ語が併記されている。
  • バゼン王の墓 - この街の最古の建造物の一つと見なされているメガリス
  • シバの女王の浴槽 - 現在は貯水槽になっている遺跡。地元の伝説では、彼女はアクスムに住んでいたことになっている。
  • タアカ・マリヤム宮殿(4世紀)とデュングル宮殿(6世紀)
  • アッバ・ペンタレオン修道院とアッバ・リカノス修道院

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

3D documentation with laser-scanning[編集]

The Zamani Project, document cultural heritage sites in 3D to create a record for future generations.[11][12][13][14] The documentation is based on terrestrial laser-scanning.[15][16] The 3D documentation of parts of the Axum Stelae Field was carried out in 2006.[17] 3D models, plans and images can be view here.

Gallery[編集]

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ Mokhtar, G. (1990). UNESCO General History of Africa. II (Abridged Edition ed.). Berkeley: University of California Press. pp. 215-35 ISBN 0-85255-092-8
  2. ^ Ethiopia: Regions, Major Cities & Towns - Population Statistics in Maps and Charts” (英語). www.citypopulation.de. 2016年8月22日閲覧。
  3. ^ Bent published the trip in his: The sacred city of the Ethiopians: being a record of travel and research in Abyssinia in 1893, London, Longmans, Green and Co, 1894.
  4. ^ The Travel Chronicles of Mrs J. Theodore Bent, Vol. 2, 2012, Oxford, Archaeopress, page 201.
  5. ^ ‘Theodore Bent’s expedition to Abyssinia for the purpose of investigating the ruins of Aksum has not been so successful as might have been wished, owing to the hostilities which are being carried on between two of the chiefs; indeed, he and Mrs. Bent had a narrow escape from being involved in their hostilities. Still the expedition has not been altogether without interesting results.’ (Mountstuart E. Grant Duff, The Annual Address on the Progress of Geography, 1892-93, The Geographical Journal, Vol. 2, No. 1 (Jul., 1893), 21).
  6. ^ Bent published three further accounts relating to their Ethiopian trip of 1893: From the Heart of Abyssinia, Illustrated London News, 8 April 1893; In the North of Abyssinia, Illustrated London News, 6 May 1893; The Ancient Trade Route across Ethiopia, The Geographical Journal, Vol. 2 (2) (Aug), 140-6.
  7. ^ a b Climate: Aksum - Climate graph, Temperature graph, Climate table”. Climate-Data.org. 2013年12月9日閲覧。
  8. ^ Herausgegeben von Uhlig, Siegbert (2005). “D-Ha”. Encyclopaedia Aethiopica. Wiesbaden: Harrassowitz Verlag. p. 871 
  9. ^ Fage, J. D. (2001). A History of Africa. London: Routledge. pp. 53-54 ISBN 0-415-25248-2
  10. ^ Hodd, Mike (2002). Footprint East Africa Handbook. New York: Footprint Travel Guides. p. 859 ISBN 1-900949-65-2
  11. ^ Rüther, Heinz; Rajan, Rahim S. (2007). “Documenting African Sites: The Aluka Project”. Journal of the Society of Architectural Historians 66 (4): 437–443. doi:10.1525/jsah.2007.66.4.437. ISSN 0037-9808. JSTOR 10.1525/jsah.2007.66.4.437. 
  12. ^ Rüther, Heinz. “AN AFRICAN HERITAGE DATABASE – THE VIRTUAL PRESERVATION OF AFRICA'S PAST”. isprs.org. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  13. ^ Giles, Chris. “Meet the scientists immortalizing African heritage in virtual reality”. CNN. 2019年10月17日閲覧。
  14. ^ Wild, Sarah. “Africa's great heritage sites are being mapped out with point precision lasers” (英語). Quartz Africa. 2019年10月17日閲覧。
  15. ^ Rüther, Heinz; Held, Christof; Bhurtha, Roshan; Schroeder, Ralph; Wessels, Stephen (2012-01-13). “From Point Cloud to Textured Model, the Zamani Laser Scanning Pipeline in Heritage Documentation” (英語). South African Journal of Geomatics 1 (1): 44–59–59. ISSN 2225-8531. http://www.sajg.org.za/index.php/sajg/article/view/20. 
  16. ^ Challenges in Heritage Documentation with Terrestrial Laser Scanning”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  17. ^ Site - Aksum Obelisk”. zamaniproject.org. 2019年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯14度07分 東経38度44分 / 北緯14.117度 東経38.733度 / 14.117; 38.733