シミエン国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界遺産 シミエン国立公園
エチオピア
シミエン山地
シミエン山地
英名 Simien National Park
仏名 Parc National du Simien
面積 13600 ha
登録区分 自然遺産
IUCN分類 国立公園 (II)
登録基準 (7), (10)
登録年 1978年
危機遺産 1996年 - 2017年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
シミエン国立公園の位置
使用方法表示

シミエン国立公園は、エチオピア北部、アムハラ州ゴンダール地区にある1969年設立の国立公園タナ湖の北東約110kmの一帯に広がるシミエン山地を対象とする220km2に及ぶ国立公園であり、ユネスコ世界遺産に登録されている。

シミエン山地にはエチオピア最高峰(アフリカ大陸第4位)のラス・ダシェン山(標高4620m)をはじめとする高山が続き、「アフリカの天井」とも呼ばれている。この厳しい自然環境のなかで、独特の動植物たちが生息している。

国立公園指定のきっかけのひとつは、ワリアアイベックスを保護することにあった。ワリアアイベックスは、ヨーロッパ大陸のアイベックスヤギ亜科)と同系統で、かつてヨーロッパとアフリカが地続きだったときに渡ってきたと考えられている。このほかの哺乳類鳥類としては、ゲラダヒヒアビシニアジャッカルブチハイエナサバンナダイカーチョウゲンボウ猛禽類)などが生息している。

植物では、ジャイアントロベリアピペリクムオトギリソウの一種)などが見られる。

登録基準[編集]

シミエンのゲラダヒヒ

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。


危機遺産登録理由[編集]

この山地には、4000m地帯にすら暮らしている人々がいる。彼らは2000年前からこの地で細々と農耕を行ってきたとされるが、その農地拡大が環境の悪化に拍車をかける面が指摘された。また、1993年まで続いたエリトリア独立をめぐる内戦も環境を大きく損ねる原因となった。これらのことから、1996年に危機遺産に登録された。住民の多くは強制移住の対象となったが、対象とならなかった人々は今も山地で暮らしている。

2017年に危機遺産リストから除去された[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • ユネスコ世界遺産センター(監修)『ユネスコ世界遺産 (12) 中央・南アフリカ』講談社、1997年
  • 中川武 三宅理一 山田幸正(監修)『世界遺産を旅する・第12巻(エジプト・アフリカ)』近畿日本ツーリスト、1999年