コンウィ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁
イギリス
コンウィ城
コンウィ城
英名 Castles and Town Walls of King Edward in Gwynedd
仏名 Châteaux forts et enceintes du roi Édouard Ier dans l'ancienne principauté de Gwynedd
登録区分 文化遺産
登録基準 (i) (iii) (iv)
登録年 1986年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示
Conwy Castle plan.jpg

コンウィ城(Conwy Castle)は、イギリスウェールズ北部の都市コンウィにある城。13世紀イングランドエドワード1世が築いたウェールズ遠征の拠点である。8つの円塔と外壁が残り、1986年、カーナーヴォン城ビューマリス城ハーレフ城とともに「グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁」として世界遺産に登録された。

参考資料[編集]

  • J・E・カウフマン、H・W・カウフマン共著、ロバート・M・ジャーガ絵、中島智訳「中世ヨーロッパの城塞 攻防戦の舞台となった中世の城塞、要塞および城壁都市」マール社

世界遺産基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。