ビューマリス城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ビューマリス城(Beaumaris Castle)は、ウェールズ北西部のアングルシー島にある港湾都市ビューマリスにある中世城郭ボーマリス城とも表記する[1]。1986年、カーナーヴォン城コンウィ城ハーレフ城とともにグウィネズのエドワード1世の城郭と市壁として世界遺産に登録された。

概要[編集]

1295年、イングランドエドワード1世がウェールズ遠征の拠点としてグウィネズ地方に築城を開始した。六角形四角形の均整のとれた美しい二重環状城壁は、後世ヨーロッパの築城でしばしば模倣された。築城自体は資金不足で1320年に未完成に終わっている。

The concentric design of Beaumaris meant the outer curtain was overlooked entirely by the castle's inner ward.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年5月5日閲覧。

参考資料[編集]

  • J・E・カウフマン、H・W・カウフマン共著、ロバート・M・ジャーガ絵、中島智訳「中世ヨーロッパの城塞 攻防戦の舞台となった中世の城塞、要塞および城壁都市」マール社

関連項目[編集]