コーフ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コーフ城遺跡

コーフ城(Corfe Castle)は、イギリスドーセットパーベック島(en:Isle of Purbeck)のコーフカッスル村にある要塞である。11世紀、ウィリアム1世によって建設され、ウェアハムとスワネージ間の通行路にあるパーベック丘陵地帯を見下ろすようになっている。12世紀から13世紀の城建築の変化を受け、イギリスの多くの建築が土と木で作られていた中で、石造りでつくられた城で石造りの城では最古の城の一つである。

歴史[編集]

コーフカッスル村は6000年前にはケルト人が居住していたといわれ[1]、城の周囲にはケルトの首長の妻たちを葬ったとされる「十二人の花嫁」と呼ばれる塚がある。村の中心であるコーフ城は交通の要衝にあり、古来より戦略的に重要視されていた。伝説によれば、979年エドワード殉教王はこの城で暗殺されている[1]。その後、ノルマン・コンクエストによってコーフ城は破壊されたが、1090年に再建され、中世には王家の5つの城のひとつに数えられた。ジョン王がフランス人22人を幽閉し餓死させるなど、牢獄としても利用された。

ヘンリー7世が母親にコーフ城を譲渡した後、ヘンリー8世の代に王家の元に戻った。1572年エリザベス1世から大法官クリストファー・ハットン英語版に売却され、英西戦争に備えて要塞化された[1]。 1635年、サー・ジョン・バンクスが購入し、イングランド内戦中に拠点とした。二度の包囲戦が行われ、ジョン・バンクスの妻メアリー・バンクスが防衛を主導した。1643年の防衛には成功したが、イングランド南部において王党派の最後の拠点となった1645年の二度目の防衛で陥落した。その年の3月、議会の決定でコーフ城は取り壊された。

ナショナル・トラストが購入し、一般公開され2010年には19万人の人々を受け入れた[2][3]。第一級指定建築物として保護されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c シャーン・エヴァンズ 『英国の幽霊伝説:ナショナル・トラストの建物と怪奇現象』 田口未和訳 原書房 2015年初版第1刷 ISBN 9784562051250 pp.76-79.
  2. ^ “Corfe Castle, Dorset: Excavation History”, Pastscape (English Heritage), http://www.pastscape.org.uk/monumentinfo.aspx?a=0&hob_id=456826 2012年1月5日閲覧。 
  3. ^ Have a haunting time on the Halloween trail at Corfe Castle this week
  4. ^ National Trust Unveils Conservation Plans For Corfe Castle

座標: 北緯50度38分25.5秒 西経2度3分32.0秒 / 北緯50.640417度 西経2.058889度 / 50.640417; -2.058889