ヘンリー・サマセット (初代ウスター侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
初代ウスター侯爵ヘンリー・サマセット

初代ウスター侯爵ヘンリー・サマセット(Henry Somerset, 1st Marquess of Worcester, 1577年 - 1646年12月18日) は、清教徒革命イングランド内戦)期のイングランドの貴族。第4代ウスター伯爵エドワード・サマセットエリザベス英語版(第2代ハンティンドン伯爵英語版フランシス・ヘイスティングス英語版の娘)夫妻の次男で、内戦では王党派の一員として息子のエドワード・サマセットと共に国王チャールズ1世を支援した。

生涯[編集]

1628年、父の死で第5代ウスター伯となる[1]。イングランド西部(ウェールズ南東部)のモンマスシャーを地盤とした裕福な貴族でカトリック教徒でもあり、長男のエドワード・サマセットもモンマスシャーのラグラン城英語版でカトリック教徒に育て上げた[2]

1642年から始まった第一次イングランド内戦英語版ではチャールズ1世に忠誠を誓い10万ポンドを供出、以後もたびたび財政援助を行い合計30万ポンドに達したという。見返りに侯爵へ昇叙され初代ウスター侯となり、エドワードもチャールズ1世の寵臣として取り立てられた。しかしエドワードが勝手に金を使い込み、激しい口論になったこともある[3]

1645年7月、ネイズビーの戦いに敗れたチャールズ1世を居城のラグラン城へ迎え入れたが、9月にチャールズ1世がスコットランドからモントローズ侯爵ジェイムズ・グラハムが援軍を率いて来るとの噂を信じてラグラン城から去り、残されたウスター侯はラグラン城を議会派トマス・モーガン英語版に包囲され、1646年に降伏した[4][5]。そして連行・投獄され、12月18日にロンドンコヴェント・ガーデンで死亡した[1]

子女[編集]

ジョン・ラッセルの娘アンと結婚、9男4女を儲けた。長男エドワードは爵位を継承して第2代ウスター侯となり、娘エリザベスはモンタギュー子爵フランシス・ブラウン英語版と結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ a b Lundy 2011, p. 2465 § 24647 cites Cokayne 2000, p. 857
  2. ^ ウェッジウッド、P73、ガーディナー、P314。
  3. ^ ウェッジウッド、P73、P95、P121、ガーディナー、P314 - P315。
  4. ^ ウェッジウッド、P480 - P481、P512 - P513、P525、P588。
  5. ^ Raglan Castle and the Civil War”. Castlewales.com. 2013年10月閲覧。

参考文献[編集]

公職
先代:
ウスター伯
グラモーガン統監英語版
モンマスシャー統監英語版
共同就任者
ウスター伯:1626年 - 1628年

1626年 - 1629年
次代:
ノーサンプトン伯
イングランドの爵位
新設 ウスター侯爵
1642年 - 1646年
次代:
エドワード・サマセット
先代:
エドワード・サマセット
ウスター伯爵
1628年 - 1646年
ハーバート男爵英語版
繰上勅書

1604年 - 1646年