中島智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中島 智(なかしま さとし、1963年 - )日本の芸術人類学者。専門は芸術人類学メディア論、現代芸術論、視覚文化論武蔵野美術大学非常勤講師、慶應義塾大学兼任講師(現代思想論)、多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員[1]。「芸術人類学」という学問領域の提唱者。

来歴[編集]

1963年生まれ、岡山県倉敷市出身。名古屋芸術大学美術学部卒業[1]

1986年からアフリカ・コートジボワールセヌフォ族を皮切りに、南西諸島や中国雲南省ナシ族など各地をフィールドワーク。その間にメラネシア民俗芸術館を創設し、また数多くの展覧会を企画。

アビジャン国立美術大学、名古屋芸術大学大学院、武蔵野美術大学、慶應義塾大学などで教鞭をとる。中沢新一が所長を務める芸術人類学研究所の特別研究員でもある。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『文化のなかの野性-芸術人類学講義-』現代思潮社、2000年

論文[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b 非常勤講師|武蔵野美術大学 芸術文化学科”. 武蔵野美術大学. 2017年1月27日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]