葭屋橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
葭屋橋
Yoshiya-bridge.jpg
基本情報
日本
所在地 大阪市
交差物件 東横堀川
建設 1966年
構造諸元
形式 2径間合成桁橋
全長 49.2m
19.5m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

葭屋橋(よしやばし)は、大阪府大阪市中央区にある東横堀川に架かる土佐堀通大川からの分流点すぐの位置に架かる。

歴史・概要[編集]

1784年天明4年)に、葭屋庄七らによって開発された蟹島遊廓への通路として設けられたものであり、橋も同時期に架橋されたと考えられている。葭屋橋付近の大川・東横堀の水の流れは複雑であり、通船数も多かったため、船が橋脚へ衝突する事故が多発していたと伝わる。その上、洪水の被害も頻繁に受けていたことから、架け換え時には様々な工夫が施され、1804年文化元年)に架け替えられたときは錦帯橋を模して途中に橋脚を設けない構造とし、さらに明治初期に架け替えられた際には、当時としては珍しい斜張橋の構造が採用された。

現在の規模に近い状態になったのは、明治末期の大阪市電敷設事業によってである。1910年明治43年)7月に近代橋への架け替えが完成し、市電は10月に開通している。現在の橋は1966年昭和41年)に架け替えられている。今橋と左岸東詰でV字型に架かっている形になっているが、元は別々に架かっていた。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分25.7秒 東経135度30分35.1秒