法案寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
法案寺
山門
所在地 大阪府大阪市中央区島之内2丁目10-14
位置 北緯34度40分10.2秒 東経135度30分27.3秒 / 北緯34.669500度 東経135.507583度 / 34.669500; 135.507583
山号 志宜山
宗派 高野山真言宗
寺格 準別格本山
本尊 大聖歓喜天(聖天)
創建年 推古天皇の時代
開基 聖徳太子
正式名 志宜山法案寺南坊
別称 日本橋聖天
札所等 摂津国八十八箇所第1番
大阪七福神弁財天
文化財 聖観音立像(重要文化財
法人番号 3120005001631 ウィキデータを編集
法案寺の位置(大阪市内)
法案寺
テンプレートを表示

法案寺(ほうあんじ)は、大阪市中央区にある高野山真言宗の準別格本山。正確には法案寺南坊である。本尊は大聖歓喜天(聖天)。大阪七福神弁財天を祀る。

歴史[編集]

寺伝によれば、推古天皇の頃(593年 - 628年)に聖徳太子が志宜野(しぎの)(現・城東区鴫野(しぎの)の西側である法円坂の地)に法案寺を建立したという。建立した場所の地名から山号を「志宜山」とし、仏法弘通の公案をしたところから寺号を「法案寺」としたという。

平安時代には本地垂迹説が広まるようになり、隣接している生玉神社神仏習合し、法案寺は生玉神社の神宮寺(別当寺)の「生玉宮寺」として大いに隆盛した。しかし、後になって衰微する。応永年間(1394年 - 1428年)に松永政廣が称光天皇の勅命を受けて法案寺を再興する。「天文日記」には、法案寺第3世・正教が浄土真宗本願寺派蓮如に帰依していたことから、蓮如に法案寺の土地を貸し、そこに蓮如が大坂御坊(後の大坂本願寺)を建立し、後に寺地が譲渡されたという記録がある。

天正年間(1573年 - 1592年)の織田信長と大坂本願寺との間で戦われた石山合戦に巻き込まれ、生玉神社と共に焼失している。

豊臣秀吉大坂城を築城する時、法案寺は法円坂にあったが、天正11年(1583年)、生玉神社と共に馬場崎(現・天王寺区生玉町、生国魂神社境内地の北側)に移転させられた。なお、法円坂の語源は法案寺からきたものとされ、「法案」から「法眼」、そして「法円」となまったものという。

慶長20年(1615年)の大坂夏の陣による兵火で生玉神社と共に焼失したが、江戸幕府により両者共に復興され、寺領300石も安堵されている。江戸時代、法案寺(別名・南坊)は生玉神社の別当寺として桜本坊、遍照院、医王院、新蔵院、観音院、覚園院、地蔵院、曼荼羅院、持宝院の9つの神宮寺を管理し、生玉十坊の筆頭として生玉神社自体を統括する立場となった。また、歴代の大坂城代が法案寺に帰依したこともあって隆盛した。

明治時代に入り、神仏分離が行われると生玉神社と神宮寺は分離され、桜本坊は奈良県生駒市の円正寺に、遍照院・医王院は生玉寺町の青蓮寺に、新蔵院・観音院は上之宮町の正祐寺に、覚園院は生玉前町の宗恵院になった。地蔵院は生玉町の藤次寺に合併、曼荼羅院は生玉町の持明院に合併、持宝院は心斎橋筋三津寺に合併された。法案寺も寺領を失うなかで当時の法案寺住職・栄達は本堂から聖観音と歓喜天を持ち出し、1879年(明治12年)に現在地である大阪市中央区島之内に寺基を移す。1883年(明治16年)6月に法案寺南坊として復興、再建したが、境内地は生玉町にあった頃と比べるとはるかに狭くなった。

1945年昭和20年)3月13日・14日の第1回大阪大空襲で全焼した。

戦後復興し、本尊の大聖歓喜天は「日本橋の聖天さん」として信仰を受けている。また、祀られている歓喜天は「福 寿 愛」の御利益があるとされている。そのことから、法案寺の御朱印と歓喜天浴油のお札には、「福 寿 愛」と記された宝袋の朱印が押されている。

境内[編集]

  • 本堂(聖天堂)
  • 弁天堂
  • 弁財天
  • 庫裏
  • 十三重石塔
  • 稲荷大明神(志宜大将)
  • 山門

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 木造聖観音立像 - 平安時代後期の作。

前後の札所[編集]

摂津国八十八箇所
1 法案寺 - 2 三津寺
大阪七福神・弁財天

行事[編集]

  • 1月1日 - 7日 聖観音の開扉
  • 2月 星まつり(星供)

授与品[編集]

  • 歓喜天 浴油供 御札
  • 歓喜天 「開運福寿」 お守り
  • 弁財天 小絵馬(大阪七福神巡拝用)
  • 弁財天 お守り

所在地・アクセス[編集]

大阪市中央区島之内2丁目10-14

地下鉄日本橋駅近鉄日本橋駅下車 北へ徒歩約5分

脚注[編集]

[脚注の使い方]