三津寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三津寺
Center
三津寺本堂
所在地 大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-7-12
位置 北緯34度40分14.2秒
東経135度30分4.5秒
山号 七宝山
院号 大福院
宗派 真言宗御室派
本尊 十一面観世音菩薩
創建年 天平16年(744年)
開基 行基
別称 三津寺観音
札所等 摂津国八十八箇所第2番霊場
大坂三十三観音札所第30番札所
地図
三津寺の位置(大阪市内)
三津寺
テンプレートを表示

三津寺(みつでら)は、大阪府大阪市中央区にある真言宗御室派の準別格本山。地元では「みってらさん」「ミナミの観音さん」の通称で親しまれている。摂津国八十八ヶ所第二番霊場、大坂三十三観音札所第三十番札所。

本尊は十一面観世音菩薩で秘仏であるが、本尊と同じ姿の石仏が山門を入ってすぐのところに祀られている。

歴史[編集]

院号の大福院は、行基四十九院のひとつである大福院を指し、当寺院の前身である。

寺院名は三津(御津)という地名に由来し、中世に荘園が成立する頃には寺院名に由来する三津寺荘という地名になり、逆転現象が起きている。大坂の陣以前まで三津寺村だったが、以後島之内の開発により大坂三郷に入った。

江戸時代から平成元年(1989年)まで、当寺院南側の三津寺筋に沿って「三津寺町」の町名があった。現在も御堂筋との交差点名に使用されている。

関連項目[編集]