藤次寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤次寺
Tojiji hondo1.jpg
本堂
所在地 大阪府大阪市天王寺区生玉町1-6
位置 北緯34度39分57.37秒
東経135度30分53.84秒
山号 如意山
宗派 高野山真言宗
本尊 如意宝珠融通尊
創建年 弘仁年間(810年 - 824年
開基 任瑞、藤原冬嗣(発願)
別称 大阪の融通さん
札所等 摂津国八十八箇所第19番
公式HP 融通さんまいり 如意山藤次寺さん
法人番号 1120005001492 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

藤次寺(とうじじ)は、大阪市天王寺区生玉町にある、高野山真言宗の寺院。

歴史[編集]

藤次寺は弘仁年間(810年824年)に藤原冬嗣の発願により、甥(おい)の、任瑞上人を開基とする。藤原家の安泰を願い建立された。藤原家を治める寺であるでゆえに、藤冶寺と称していたが、明治初年には、生玉十坊の一つである地蔵院を合併し、藤次寺と改称し、現在に至っている。

藤原氏の祈願寺として、藤原氏一門より、深い帰依を受け栄えていたが、寺運の盛衰があった。慶長年間(1596年1615年)に、加藤清正が大檀主となり、金堂、伽藍、堂宇などを建立した。広大な寺域(境内)を持ち、壮観であったと言う。

中興憲遵阿闍梨の時には、如意宝珠融通尊への信仰が盛んになり、「大阪の融通さん」と称されて、多くの人々の信仰を集めている。 明和元年(1764年)、中興清範和上の時、九条尚実が家運長久を祈るため永代不易の祈願寺として改めて、旨辞を授けた。江戸時代末まで、九条家五摂家の一つ。藤原兼実が祖。)の祈願寺であった。

しかし、昭和20年(1945年)3月、戦災により藤次寺は全焼した。都市計画のために境内地の移転があった。昭和35年(1960年)に金堂、庫裡、寺務所が完成した。

藤次寺のの前(山門近く)に、如意山 藤次寺、融通さんまいりと記された石碑がある。

作家山崎豊子の墓所も藤次寺にあり、墓石の右隣には山崎が生前執筆した全28作の作品名が刻まれた石碑も存在する。

行事[編集]

  • 如意宝珠融通尊 縁日(毎月1日、11日、21日)
  • 節分祈願会(せつぶんきがんえ)毎年2月3日、もしくは、2月4日の節分の日

交通[編集]

外部リンク[編集]