池田町 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 大阪府 > 大阪市 > 北区 > 池田町
池田町
天満市場
天満市場
池田町の位置(大阪市内)
池田町
池田町
池田町の位置
池田町の位置(大阪府内)
池田町
池田町
池田町の位置
北緯34度42分26.18秒 東経135度30分50.31秒 / 北緯34.7072722度 東経135.5139750度 / 34.7072722; 135.5139750
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
北区
面積
 • 合計 0.075973341km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 4,593人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
530-0033[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

池田町(いけだちょう)は、大阪府大阪市北区町名。丁番を持たない単独町名である。

地理[編集]

大阪市北区東部に位置。南はJR天満駅のある錦町、北は菅栄町、西は天神橋5丁目、東は天満橋筋を挟んで樋之口町と接する。

JR天満駅の北側、天神橋筋商店街の東側に広がる池田町エリアは裏天満と呼ばれ、当地は古くより数多くの市場が存在した。現在では2005年にオープンしたぷららてんまがその機能を賄っている[5]。また、地内の東側は団地となっている。

歴史[編集]

もとは西成郡川崎村と国分寺村のそれぞれ一部。

江戸時代に大坂三郷最北端の町となる池田町(いけだまち)があったが、当町とは場所が異なる。江戸時代の池田町は現在の天神橋4丁目の天神橋筋商店街沿いの北半にあたる。

  • 1889年明治22年)4月1日 町村制施行により、西成郡川崎村、豊崎村大字国分寺となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 大阪市へ編入され、北区川崎、豊崎大字国分寺となる。
  • 1900年(明治33年) 天神橋筋東2 - 3丁目・天満橋筋西2 - 4丁目・天満橋筋6丁目の町名に改編。
  • 1924年大正13年) 天神橋筋東2 - 3丁目・天満橋筋西2 - 4丁目のそれぞれ一部を池田町・国分寺町の町名に改編。
  • 1943年昭和18年)4月1日 国分寺町の都島通以北が新設の大淀区へ転属となり、大淀区国分寺町となる。
  • 1944年(昭和19年)1月1日 北区国分寺町を菅栄町に改称。
  • 1978年昭和53年) 池田町の北西部を天神橋5丁目の一部に改編、菅栄町の南部および天満橋筋6丁目の西部を池田町へ編入し、現在の町域となる。

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
池田町 2,620世帯 4,593人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 4,910人 [6]
2000年(平成12年) 4,811人 [7]
2005年(平成17年) 4,930人 [8]
2010年(平成22年) 4,968人 [9]
2015年(平成27年) 4,885人 [10]

世帯数の変遷[編集]

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 1,893世帯 [6]
2000年(平成12年) 2,095世帯 [7]
2005年(平成17年) 2,399世帯 [8]
2010年(平成22年) 2,600世帯 [9]
2015年(平成27年) 2,712世帯 [10]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]。北区内の全ての市立中学校と、大阪市内の小中一貫校が対象で学校選択が可能(抽選を実施)。

番・番地等 小学校 中学校
全域 大阪市立菅北小学校 大阪市立天満中学校

施設[編集]

  • 天満卸売市場
    • ぷららてんま
  • 池田町本通り
  • 池田町中央通り

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路
主要地方道

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪府大阪市北区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 池田町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ 朝・昼・晩・BANG! 裏天満の夜を引き伸ばす『彩ろぉじ 西の道』さんをレポート”. MEDIY (2016年5月13日). 2018年2月6日閲覧。
  6. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ 北区内の通学区域一覧”. 大阪市 (2018年12月6日). 2019年10月4日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  12. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]