会津屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社 会津屋
AIDUYA CORPORATION
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
557-0045
大阪府大阪市西成区玉出西2-3-1
業種 食料品
法人番号 2120001002849
事業内容 食品の製造及び販売
代表者 代表取締役 遠藤勝
外部リンク http://www.aiduya.com/
テンプレートを表示

会津屋(あいづや)は、日本大阪市西成区玉出に本店を置く食品会社、飲食店。1935年たこ焼きを開発したことで知られる[1]

概要[編集]

創業者の遠藤留吉が1933年(昭和8年)に、こんにゃくを入れていたラジオ焼きを改良し、醤油味の牛肉を入れ肉焼きとして販売。その後1935年(昭和10年)、明石焼がタコ・鶏卵を入れていたことに影響を受けてタコ・鶏卵を入れるようになり、名称も初めてたこ焼きと名付けた[1][2]

ちなみに会津屋では粉に味をつけ、ソースなどをかけないで食べる。たこ焼きが広まっていくうちに味に変化をつけたいと思った人たちが、当時高級だったソースマヨネーズなどを付けるようになったものと見られる。

美味しんぼ』にも掲載されたこともあり、TVなどマスコミでたびたび紹介され、フジテレビのスペシャルドラマ『新美味しんぼ PART2』にも登場したことがある。

2014年現在、大阪市内と兵庫、東京に9店舗を展開している。また、インターネットによる通販も行っている。

歴史[編集]

  • 1907年(明治40年) - 初代遠藤留吉、福島県会津坂下町に生まれる。
  • 1933年(昭和8年) - ラヂオ焼きの屋台を、大阪市生野区今里で始める。
  • 1935年(昭和10年) - たこ焼きを開発。
  • 1936年(昭和11年) - 赤幕に白地で染め抜いた「たこ焼き」の文字ののれんが完成。
  • 1949年(昭和24年) - 大阪市西成区天下茶屋に店を構える。
  • 1965年(昭和40年) - 遠藤吉蔵が会津屋2代目就任。
  • 1993年(平成5年) - 大阪市西成区玉出に移転。(現在の本店)
  • 1997年(平成9年) - 遠藤勝が会津屋3代目就任。
  • 2005年(平成17年) - ラヂオ焼き、70年ぶりに復活。
  • 2006年(平成18年) - 贈答品用の冷凍たこ焼き販売開始。

店舗所在地[編集]

閉店店舗[編集]

  • 淀屋橋店 - 大阪府大阪市中央区北浜3-1-29 ネクストワン淀屋橋B1F

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「暮らしと物価大阪百話」編集委員会著『暮らしと物価大阪百話』P130 出版:財団法人大阪都市協会 1992年
  2. ^ 日本コナモン協会会長 熊谷真菜著『「粉もん」庶民の食文化』第1章 出版:朝日新聞社(朝日新書) 2007年

外部リンク[編集]