山口俊郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口俊郎(やまぐち としろう、1901年明治34年)3月31日 - 1981年昭和56年)11月25日)は、昭和期の作曲家。岐阜県養老町出身。

経歴[編集]

東洋音楽学校ピアノ科卒業。

1921年大正10年)、 松竹映画管弦楽団にピアノ奏者として入団。 昭和の初期に、杉山長谷雄に師事し、作曲の勉強を始める。その後、松竹を退社し、フリーの作曲家になる。 1945年(昭和20年)、キングレコード専属作曲家となる。 1955年(昭和30年)、作詞家藤間哲郎と組み、三橋美智也の初ヒット曲「おんな船頭唄」を作曲した。以後、三橋美智也と共に「佐渡おけさ」「ソーラン節」「花笠音頭」等多くの歌謡民謡も世に送り出す。その後も、「男のブルース」や「長良川旅情」などヒット曲を作曲した。

1981年(昭和56年)11月25日死去。享年80。

代表曲[編集]

  • 『酒の苦さよ』(昭和29年1月)[山崎正作詞、歌:三橋美智也
  • 『逢初ブルース』(昭和30年4月)[矢野亮作詞、歌:照菊
  • 『おんな船頭唄』(昭和30年4月)[藤間哲郎作詞、歌:三橋美智也]
  • 『男のブルース』(昭和31年12月)[藤間哲郎作詞、歌:三船浩
  • 『吹けよ木枯らし』(昭和32年10月)[横井弘作詞、歌:石井千恵]
  • 『長良川旅情』(昭和32年6月)[服部鋭夫作詞、歌:春日八郎
  • なみだ川』(昭和49年)[東條寿三郎作詞、歌:春日八郎]