北海盆唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北海盆唄(ほっかいぼんうた)は、北海道の民謡北海道盆踊り北海盆踊り)で使用される曲でもある。

概要[編集]

三笠市幾春別(いくしゅんべつ)の炭鉱が発祥の地であり、北海道各地でお盆になると盆踊り用の曲として用いられる。三笠市では、発祥の地をアピールするべく、毎年8月、三笠北海盆おどりが開催されている。

発祥由来[編集]

元は「べっちょ節」(炭鉱節)と呼ばれる卑猥な歌詞を持つ歌[1]であり、炭鉱労働者が盆踊りとして踊っていたものであるが、太平洋戦争後(1945年8月)、「北海民謡の父」といわれる今井篁山が歌詞・曲調を見直し、三橋美智也の歌によりレコード化、大ヒットしたことがきっかけに全国的に普及した。現在は、松下耕が編曲した同声合唱版が有名である。

盆踊り[編集]

北海道盆踊りは、夕方の早い時間の「子供の部」と、その後に続く「大人の部」の二部構成であることが多く、「子供の部」では「子供盆おどり唄」が、「大人の部」ではこの「北海盆唄」が演奏されるのが一般的である。

子供用の楽曲が北海道教育委員会の要請でわざわざ制作されたのも、旧来の北海盆唄の歌詞が卑猥で、子供の教育上良くないとされたためである。因みに踊りの振り付けは「子供盆おどり唄」の方がむしろ複雑である。

北海道室蘭市で踊られる場合のみ振付が独自に改変されており、網を引くようなしぐさが含まれる[2]

ザ・ドリフターズとの関係[編集]

TBS系で放映されていた『8時だョ!全員集合』のオープニングテーマは、この曲の替え歌である。また、ザ・ドリフターズ絡みの替え歌には、それとは別に「ドリフ音頭 北海盆歌より」もあり、1971年発売のザ・ドリフターズのシングル『ドリフのツンツン節/ドリフ音頭』に収録された。歌詞の内容はお見合いを重ねた後に、ようやく「ドテカボチャ」と結婚できた男が、その妻に対する愚痴と(一定の)愛情を語るというものである。

2001年の『第52回NHK紅白歌合戦』にザ・ドリフターズが正式な出場歌手としては最初で最後の紅白出場を果たした際には、「ドリフのほんとにほんとにご苦労さんスペシャル」というメドレーの中で歌唱された。

2002年、「第1回三笠北海盆おどり」が開催され、北海盆唄を全国に広めたザ・ドリフターズの高木ブーがゲストとして招待された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 春歌あるいは猥歌とされるが、CD『春歌「替え歌」民謡/嬉し恥ずかしの艶唄』(全国民謡民芸娯楽保存会)に収録されており、聞くことができる。
  2. ^ むろらん港まつりの北海盆唄