吉田矢健治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田矢 健治(よしだや けんじ、1923年大正12年)10月25日 - 1998年平成10年)11月6日)は、昭和期の作曲家。山口県岩国市出身。明治大学卒業。通称:ダヤ先生。[1]

経歴[編集]

明治大学マンドリン倶楽部を経て、作曲家の利根一郎に師事。 1950年(昭和25年) 12月よりテイチクレコード専属となり、翌年に菅原都々子の『広東エレジー』で初ヒットを飛ばす。1953年(昭和28年)からキングレコードに専属し、「あなたと共に」、「夕焼けとんび」、「山の吊橋」など昭和期に多くの曲を作曲した。「女心の唄」ではバーブ佐竹第7回日本レコード大賞新人賞を受賞。優しいその旋律は、吉田矢メロディーと呼ばれた。

1992年(平成4年)、第34回日本レコード大賞功労賞を受賞

1998年(平成10年)11月6日、肺気腫のため死去、75歳没。告別式には音楽葬が行われた。

代表曲[編集]

  • 『山のロマンス』(昭和27年5月)[島田芳文作詞、歌:楠木繁夫
  • 『雨降る街角』(昭和28年11月)[東条寿三郎作詞、歌:春日八郎
  • 『あなたと共に』(昭和29年11月)[矢野亮作詞、歌:津村謙吉岡妙子
  • 『スペインの恋唄』(昭和29年11月)[矢野亮作詞、歌:松島詩子
  • 『私の幸福は何処へ』(昭和29年12月)[矢野亮作詞、歌:吉岡妙子]
  • 『月夜の笛』(昭和30年1月)[横井弘作詞、歌:津村謙
  • 『青き月夜の並木路』(昭和30年5月)[東条寿三郎作詞、歌:大津美子
  • 『月の出ぬ間に』(昭和31年10月)[横井弘作詞、歌:石井千恵
  • 『お花ちゃん』(昭和31年10月)[矢野亮作詞、歌:三橋美智也斉藤京子
  • 『みれん峠』(昭和31年11月)[東条寿三郎作詞、歌:三橋美智也
  • 『ごめんよかんべんナ』(昭和32年4月)[伊作詞、歌:春日八郎]
  • 『夕焼けとんび』(昭和33年3月)[矢野亮作詞、歌:三橋美智也]
  • 『別れの燈台』(昭和33年7月)[高橋掬太郎作詞、歌:春日八郎]
  • 『山の吊橋』(昭和34年10月)[横井弘作詞、歌:春日八郎]
  • 『足摺岬』(昭和34年11月)[高橋掬太郎作詞、歌:春日八郎]
  • 『女心の唄』(昭和40年1月)[山北由希夫作詞、歌:バーブ佐竹
  • 『ひとり泣く夜のワルツ』(昭和42年7月)[矢野亮作詞、歌:江利チエミ
  • 慕情の街』(昭和49年)[たなかゆきを作詞、歌:春日八郎]
  • 坂東節/恋あらし』(昭和51年)[横井弘作詞、歌:三橋美智也]
  • あゝ高杉晋作』(昭和61年)[山添花秋作詞、歌:三橋美智也]

脚注[編集]

  1. ^ 吉田矢健治 - コトバンク”. コトバンク. 2017年1月20日閲覧。