島田芳文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

島田 芳文(しまだ よしふみ、1898年明治31年)2月11日 - 1973年昭和48年)5月3日)は昭和期の作詞家。本名島田義文。

経歴[編集]

福岡県豊前市黒土生まれ。早稲田大学出身。中学時代に島田青峰若山牧水に短歌を学ぶ。1927年(昭和2年)、処女詩集「農土思慕」刊行。

1929年(昭和4年)、コロムビアレコードの専属作詞家になる。1931年(昭和6年)には、古賀政男と組んだ一連の作品「キャンプ小唄」、「丘を越えて」、「スキーの唄」が大ヒット。藤山一郎の歌声でたくさんの人々に愛唱された。

1941年(昭和16年)に発表した、「雪の満州里」を最後に作詞家活動を休業。戦後は、故郷黒土に移住し、農業などをして暮らした。

1973年(昭和48年)5月3日死去。享年75。

現在故郷の豊前市の昼のチャイムに、代表曲丘を越えてが流されている。

作品[編集]

  • 『キャンプ小唄』(昭和6年6月)[古賀政男作曲、歌:藤山一郎
  • 『月の浜辺』(昭和6年6月)[古賀政男作曲、歌:河原喜久恵
  • 『丘を越えて』(昭和6年11月)[古賀政男作曲、歌:藤山一郎]
  • 『窓に凭れて』(昭和6年11月)[古賀政男作曲、歌:関種子
  • 『スキーの唄』(昭和6年12月)[古賀政男作曲、歌:藤山一郎]
  • 『山は招く』(昭和7年5月)[佐藤吉五郎作曲、歌:中野忠晴
  • 『恋の大島』(昭和8年7月)[佐々紅華作曲、歌:藤本二三吉
  • 『急げ幌馬車』(昭和9年1月)[江口夜詩作曲、歌:松平晃
  • 『ハイキングの唄』(昭和10年5月)[古賀政男作曲、歌:楠木繁夫
  • 『夕べ仄かに』(昭和10年5月)[古賀政男作曲、歌:松島詩子
  • 『歓喜の丘』(昭和13年5月)[古賀政男作曲、歌:藤山一郎]
  • 『青春の丘』(昭和14年5月)[陸奥明作曲、歌:北廉太郎
  • 『雪の満州里』(昭和16年11月)[陸奥明作曲、歌:ディック・ミネ