ガラスの城 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ガラスの城」(ガラスのしろ)は、1968年に発表されたザ・ピーナッツの楽曲である。

概要[編集]

この楽曲は、ザ・ピーナッツと同じ渡辺プロダクションに所属していたスマイリー小原とスカイライナーズピアニストの3人のうちの一人であった森岡賢一郎によって編曲された。森岡は基本的には別の歌手の担当であったが、この楽曲で初めてザ・ピーナッツの楽曲を担当した(その後「大阪の女」等を編曲している)。また、鈴木邦彦が初めてザ・ピーナッツソングの作曲を手がけた作品でもあった。

曲調はブラスロック風を洗練させた形態で仕上げられている。

森岡の編曲であったこともあり、この楽曲の演奏はスマイリー小原とスカイライナーズにより行われていたこともあった。『NHK紅白歌合戦』では第19回で歌唱されていた。当時の映像がNHKにモノクロ画像で残されており、スクールメイツバックダンサーとして歌唱されている映像内容である。

作成者[編集]

レコード概要[編集]

先代:
恋のフーガ
ザ・ピーナッツ
NHK紅白歌合戦歌唱楽曲
1968年・第19回
次代:
ウナ・セラ・ディ東京(2)