ザ・ジャガーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ジャガーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル グループ・サウンズ
活動期間 1964年 - 1971年
1981年 - 2009年
レーベル フィリップス・レコード
メンバー 宮ユキオ(ドラムス
岡本信リードボーカル
宮崎こういち(リズムギター
森田巳木夫(ベースギター
沖津ひさゆき(リードギター
佐藤安治(オルガン
浜野たけし(ドラムス)
橋アキラ(ボーカル)
牧ツトム(ドラムス)
石井芳夫(ボーカル)

ザ・ジャガーズ(The Jaguars)は、1967年にデビューしたグループ・サウンズ

メンバー[編集]

メンバーの変遷[編集]

ボーカル ドラムス ベース ギター オルガン
1964年 - 1968年3月 岡本信 宮ユキオ 森田巳木夫 宮崎こういち
沖津ひさゆき
佐藤安治
1968年3月 - 1969年 浜野たけし
1969年 - 1970年9月 宮崎こういち
1970年9月 - 1971年6月 岡本信
橋アキラ
石井芳夫
牧ツトム
1971年6月 - 1971年7月
1971年7月 岡本信
橋アキラ
1971年7月 - 1981年 解散中
1981年 岡本信 宮ユキオ 森田巳木夫 宮崎こういち
沖津ひさゆき
佐藤安治
1981年 - 2009年

概要[編集]

グループの母体は、1963年六本木野獣会のバンドとして結成された「野獣会オールスターズ」。1964年には「宮ユキオとザ・プレイ・ファイブ」というエレキバンドに発展した。デビューに際しフィリップス・レコードで「ザ・ジャガーズ」()と命名[3]され、同レコード会社より1967年6月にザ・カーナビーツと一緒にレコードデビューを果たす。

デビュー曲の『君に会いたい』が大ヒット。1968年3月には「進め!ジャガーズ 敵前上陸」で映画初主演。この映画は小林信彦による脚本のコメディだが、後年になりカルト映画として再評価される作品となる。

当時のGS(グループ・サウンズ)の中では最もミリタリー・ルックが似合うことが評判だった。デビュー曲以降のヒット(カヴァーである「キサナドゥーの伝説」など)が散発的であったこと、そして移動で使用していた専用のマイクロバスが交通事故を起こしメンバー全員が頭を縫うなどの重傷を負ってしまい、療養中に代役でジャズ喫茶に出演したオックスによって人気を奪われ1968年の夏以降はGSブームの中でも埋没した存在となってしまう。

GSブームが終焉を迎えた1969年夏以降は、ジャズ喫茶やゴーゴークラブが主な活動の場となる。1970年に入り、メンバーの交代が顕著になっても活動を続けたが、1971年7月に解散。

1981年、「さよなら日劇ウエスタンカーニバル」に出演、その後アサヒビールのミニ樽のCMに『君に会いたい』が起用されたのを機に再結成(メンバーは宮・岡本・宮崎・森田・沖津。当初は佐藤も参加)し、テレビ出演やライブ活動を行う。その後も、宮・岡本・宮崎・森田・沖津のメンバーで活発にライブ活動を続けた。

2009年4月19日、岡本が自宅マンションの浴槽で死亡しているのが知人女性によって発見される[4]。事件性は無く、その後入浴中に心不全を起こしたものと断定された[5]。この岡本の死去によってザ・ジャガーズは事実上の活動停止となった。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 君に会いたい/ビート・トレイン(1967.6.1)
  2. ダンシング・ロンリー・ナイト/若いあした(1967.10.5)
  3. マドモアゼル・ブルース/哀れなジョン(1968.1.25)
  4. キサナドーの伝説/二人だけの渚(1968.6.15)- イギリスのバンドDave Dee, Dozy, Beaky, Mick & Tichの『The Legend of Xanadu』のカバー
  5. 星空の二人/恋のパスポート(1968.9.25)
  6. 恋人たちにブルースを/恋するまゆみ(1969.1.25)
  7. 二人の街角/愛の夜明け(1969.5.25)
  8. いつか誰か/フェニックス(不死鳥)(1970.4.25)
  9. はつらつ30才/漂泊の旅(1982.4.2 再結成時に発売)

アルバム[編集]

  • ジャガーズ対カーナビーツ(1967.8.1)
  • ジャガーズ・ファースト・アルバム(1968.2.22)
  • ジャガーズ・セカンド・アルバム(1969.6.25)

出演映画[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “GSザ・ジャガーズのリーダー、宮ユキオさん死去”. SANSPO.COM. (2013年11月5日). オリジナル2013年11月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131104224320/http://www.sanspo.com/geino/news/20131105/oth13110505030010-n1.html 2014年4月2日閲覧。 
  2. ^ ジャガーズのギター、宮崎こういちさん死去…GSで一世風靡 サンケイスポーツ 2014年10月1日閲覧
  3. ^ 近代映画 1967年12月号 近代映画社 132頁。
  4. ^ “元ザ・ジャガーズの岡本信さん、自宅風呂で変死”. ZAKZAK. (2009年4月20日). オリジナル2009年4月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090423025356/http://www.zakzak.co.jp/gei/200904/g2009042004_all.html 2014年4月2日閲覧。 
  5. ^ “ザ・ジャガーズ岡本信さんの死因は心不全”. nikkansports.com. (2009年4月21日). オリジナル2014年4月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/zMyg9 2014年4月2日閲覧。