青いリンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青いリンゴ
野口五郎シングル
初出アルバム『青いリンゴが好きなんだけど/野口五郎ファースト・アルバム』
B面 君のためぼくのため
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル 日本グラモフォン
作詞・作曲 橋本淳筒美京平
チャート最高順位
野口五郎 シングル 年表
博多みれん
(1971年)
青いリンゴ
(1971年)
好きなんだけど
(1971年)
テンプレートを表示

青いリンゴ」(あおいリンゴ)は、1971年8月に野口五郎がリリースした2枚目のシングルである。野口五郎は後にデビューする西城秀樹郷ひろみとともに新御三家と呼ばれた。

解説[編集]

野口のデビュー曲「博多みれん」は演歌であったが全く売れず、この曲ではアイドル路線へと大きく転換した。又野口のキャッチフレーズも「青い木の芽の、はだざわり」に変更される。

同曲は自身初のオリコン週間チャート(BEST20)入りとなり、20万枚近いセールスを記録した。

収録曲[編集]

  1. 青いリンゴ
  2. 君のためぼくのため

「青いリンゴ」のカバー[編集]

関連項目[編集]