山本寛太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 寛太郎(やまもと かんたろう)とは、日本の音楽家シンガーソングライター作曲家。詞を提供したこともある。一時、レコードのジャケットなどで「KANTAROW」の表記を用いていたときもある。

1978年ごろにテイチクからレコードデビュー。シングル数枚を出して1980年ごろレコード会社をキャニオンに移籍。

キャニオンからは、アルバム1枚とシングル数枚を出す。「マンハッタンドリーム」が一部で注目され知名度がアップした。これを受けて、その後のシングルが、夜間のTVニュースの主題歌に用いられたりもした。また、他のアーティストへの作品提供も行ったが、1980年代半ばには活動休止。

1995年には、グラス・バレー解散後の本田恭之(現・本田海月)とOPCELLを結成し、ビクターからアルバムをリリース。

現在は静岡県に住まいを構え、釣りのルアーの会社(有限会社オプセル Opcell)を経営している。

シングル[編集]

(調査中)

  • 1978年、「マーガレット・ライン」 B面「エンドレス・ラブ」
  • 1979年、「恋のタイミング」(RS-154)B面「マイボート」
  • 1979年「シルバー・スイート・ハート」(RS-182)B面「まどろみの中で」
  • 1981年、「マンハッタンDream」(作詞作曲・山本寛太郎、編曲・瀬尾一三)(7A-0069) B面「Last Time」
  • 1981年、「Sweet Vibration」 B面「君がその人」
  • 1981年、「ナチュラル・ハプニング 時、とめてコーヒータイム」(7A-0125) B面「パッシングレイン」
  • 1982年、「サウス・ウィンド(君を待つ渚)」(7A-0180) B面「黄昏にまぎれて」

アルバム[編集]

  • アトラントローグ(ATLANTROOG)(1981年)C28A-0165(全曲、作詞作曲・山本寛太郎、編曲・瀬尾一三
  • OPCELL(オプセル)(1995年1月21日)VICL-634 - OPCELL・KEN蘭宮としての参加作品。

提供曲[編集]

  • THE GOOD-BYE、「気まぐれONE WAY BOY」
    • 作詞:橋本淳、作曲:山本寛太郎、編曲: 甲斐正人(1983年、デビュー曲):なおこの作品は、1983年の第25回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞している。
    • ザ・グッバイには、他にも曲を提供している。
  • 中村容子、「ティーンエイジ・ソルジャー」
    • 作詞:橋本淳、作曲:山本寛太郎、編曲: 大谷和夫(1984年、デビュー曲)
    • 中村容子には、他にアルバムの楽曲を提供している。
  • 水谷麻里、「ハロー!ス・キ!」
    • 作詞:福永ひろみ、作曲:山本寛太郎、編曲: 大村雅朗
    • アルバム『ほがらか』の7曲目。
  • 他にハイスクール・オーラバスターのイメージアルバムにも多く曲を提供している。

外部リンク[編集]