本田恭之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

本田 恭之(ほんだ やすゆき、1965年8月5日 - )は、日本ミュージシャンキーボーディスト作曲家音楽プロデューサー)である。埼玉県出身。血液型はAB型。

来歴[編集]

以降、様々なアーティストの作曲、編曲、プロデュースを中心に活動。

概要・人物[編集]

  • GRASS VALLEYのメインコンポーザーとして、上領亘(Dr.)とともにバンドのサウンド面を支えた。
  • ローランド社のアナログシンセサイザー・JUPITER-6(発売当時定価490,000円)を愛機とする。アマチュア時代(Normal、OK2、メリー・ルーなど)は、JUPITER-4や、当時爆発的に売れていたYAMAHAのDX7も使用していたが、JUPITER-6が太い音であったこと、はじめてMIDIが搭載された機種なので、好んで使用していたようだ。
  • 現在アレンジに使用しているのはLogic Plutinum 6であり、上記等、以前持っていたアナログシンセの膨大な波形をライブラリー化し、EXS(ソフトサンプラー)で鳴らして加工したサウンドを多用。また、生録にはエディロールのR-09を使用[1]
  • 趣味は登山など野外活動・旅行。
  • 愛称はチャラ

作品[編集]

プロデュース作品[編集]

  • エース清水TIME AXIS」(1993年7月21日)
    「Flow」作曲
  • Kei-Tee「頭が割れそう」(1994年2月23日)
    • 「虚飾のアイドル」「男・オオカミ/女・バンパイア」作曲
  • L'Arc〜en〜Ciel「Tierra」(1994年7月14日)
    Basic Sound Directed
  • ハイスクール・オーラバスター
    • 「オリジナルアルバム」(1993年7月24日)
      • 「Prologue -回帰-」「ACT ON THE NIGHTFIELD」「SWORD OF LIGHT」「SILENT EYES -遠い約束-」作曲
    • 「オリジナルアルバム2 "END OF SILENCE"」(1994年7月27日)
    • 「オリジナルアルバム D-X 天冥の剣」(1995年6月28日)
    • 「オリジナルアルバム M-X 16's」(1996年4月24日)
    • 「CDー1st vision“来訪者”」(1998年11月12日)
    • 「Vocal Cllection "Treasures"」(1999年3月25日)
    • 「光の誕生」(1999年6月4日)
  • 米倉千尋「Birth of light」(1999年1月18日)
  • PENICILLIN
    • 「UNION JAP」(2000年5月24日)
    • 「SINGLES」(2001年2月21日)
  • STINKIE「COME AT ME」(2002年9月30日)
  • face to ace

参加作品[編集]

  • OPCEL「OPCEL」(1995年1月21日)
  • 古賀森男「勇気がいる」(1995年10月20日)
  • SIAM SHADE
    • 「SIAM SHADE II」(1995年11月11日)
      「大きな木の下で」(key.)
    • 「SIAM SHADE III」(1996年10月2日)
      「Why not?」「Destination Truth」(key.)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『SOUND DESIGNER』2008年9月号 face to aceインタビュー記事

外部リンク[編集]