シーサイド・バウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シーサイド・バウンド
ザ・タイガースシングル
B面 星のプリンス
リリース 1967年
録音 1967年3月8日(シーサイド・バウンド)[1]
1967年3月9日(星のプリンス)[1]
ジャンル グループ・サウンズ(GS)
時間 2分47秒
レーベル 日本グラモフォン(ポリドール)
作詞・作曲 橋本淳すぎやまこういち
ザ・タイガース シングル 年表
僕のマリー
1967年
シーサイド・バウンド
(1967年)
モナリザの微笑
1967年
テンプレートを表示

シーサイド・バウンド」は、ザ・タイガースが1967年5月に発売した2枚目のシングルである。

解説[編集]

デビュー・シングル「僕のマリー」に続いて作詞は橋本淳、作曲はすぎやまこういちのコンビである。この頃はまだメンバー全員が合宿生活を送っていた(当シングル盤のライナーノーツにも「現在は同じ家に住み、合宿生活を送っています」とある)。

1967年5月31日はまゆう丸にて正式発表会が行われた[2]

40万枚を売り上げたこのシングルの大ヒットによりザ・タイガースの人気は決定付けられた[3]

曲目にある「バウンド」とは、当時で言う「ニュー・リズム」の一環として作られたものである。1960年代には主に夏季向け商品として、各々に工夫をこらした「ニュー・リズム」が、歌と踊り(ステップ)をセットにして、各レコード会社から競い合うかのように売り出されていた。「ニュー・リズム」には、海外から輸入されたもの(1968年に流行したブーガルーもそのひとつ)もあれば、日本で洋風に作られたオリジナルのものもあったが、もちろん「バウンド」は後者で、阿波踊りのリズムにヒントを得たとも、また鞠つきにヒントを得たとも言われている。

「シーサイド・バウンド」を録音した同日の1967年3月8日には、シングル候補曲として「白いブーツの女の子」の録音も行われている[1]。「白いブーツの女の子」は、1995年発売の未発表曲などを収録したベスト・アルバム『レジェンド・オブ・ザ・タイガース』に収録された。

タイトル曲「シーサイド・バウンド」は、発売から約20年後の1986年、ドラマ『やったぜベイビー!』(日テレ系)の主題歌に起用される。また、Jリーグ湘南ベルマーレの応援歌としても知られる。

収録曲[編集]

両楽曲とも、作詞:橋本淳/作曲・編曲:すぎやまこういち

  1. シーサイド・バウンド (Seaside Bound)(2分47秒)
  2. 星のプリンス (Prence In The Heaven)(3分28秒)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 磯前順一『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』集英社集英社新書)、2013年、82頁。ISBN 978-4-08-720714-9
  2. ^ 『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』88頁。
  3. ^ 『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』86-87頁。

関連項目[編集]