作者の死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

「作者の死」(さくしゃのし、英語 The Death of the Author)はフランスの哲学者ロラン・バルトが1967年に発表した文芸評論の論文[1]。また、そこで提唱された、ある物語の作者はその物語の解釈を決める最高権威(神)ではないとする考え方である[2]

バルトはテクストは現在・過去の文化からの引用からなる多元的な「織物」であると表現し、作者の意図を重視する従来の作品論から読者読書行為へと焦点を移した[3][4]

成立[編集]

バルトはこの評論をフランス語で書いたが、フランス語原文よりも先にアメリカ合衆国の雑誌 Aspen で1967年に英語訳を発表した[5][6]。フランス語版は «La mort de l’auteur» というタイトルで1968年にManteiaで発表された[1]

影響[編集]

この評論などの業績によりバルトはテクスト論の創始者であるとみなされる[7]

「作者の死」はミシェル・フーコーの1969年の評論「作者とは何か?英語版」(フランス語 Qu'est-ce qu'un auteur?)に影響を与えたと言われ[8]、両論文は作者論の代表的な著作に数えられる[9]

ジャック・デリダはバルトの死に際して「ロラン・バルトの複数の死」(The Deaths of Roland Barthes)というタイトルの追悼文を書いた[10]

出典[編集]

関連文献[編集]