ロシア・フォルマリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロシア・フォルマリズム(ロシア形式主義、英語: Russian formalism: Русский формализм)は、1910年代半ばから1930年代にかけてのロシアの文学運動・文学批評の学派。シクロフスキーヤコブソントゥイニャーノフらが中心となって行われた。

文学作品の自律性を強調し、言語表現の方法と構造の面からの作品解明を目指した[1]。文学性を言語の詩的機能や、「異化作用」から特徴づけ、作品の素材を手法の動機付けとした。構造主義文化記号論、新批評(ニュークリティシズム)などに影響を与える一方、反マルクス主義的とみなされ、スターリン政権から政治的弾圧を受けた[2]

代表的なロシア・フォルマリストには、シクロフスキートゥイニャーノフプロップエイヘンバウムヤコブソントマシェフスキーグコフスキーがいる。

脚注[編集]

  1. ^ 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典内言及, 精選版. “フォルマリズムとは” (日本語). コトバンク. 2021年12月23日閲覧。
  2. ^ 小項目事典, 日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典. “ロシア・フォルマリズムとは” (日本語). コトバンク. 2021年12月23日閲覧。

関連項目[編集]