スウィートドーナッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Perfume > スウィートドーナッツ
スウィートドーナッツ
Perfumeシングル
初出アルバム『Perfume〜Complete Best〜
リリース
ジャンル テクノポップ
レーベル BEE-HIVEレコード
プロデュース 中田ヤスタカ
Perfume シングル 年表
彼氏募集中
2002年
スウィートドーナッツ
(2003年)
モノクロームエフェクト
2004年
テンプレートを表示

スウィートドーナッツ』(Sweet Donuts)は、日本のテクノポップユニットPerfumeインディーズ1stシングルである。2003年8月6日アミューズ運営のインディーズレーベルであるBEE-HIVEレコードより発売。

概要[編集]

広島県より上京し、名義をぱふゅ~むからPerfumeへ改めてからの第一作。この作品からサウンドプロデューサー中田ヤスタカを迎えた。

ジェニーはご機嫌ななめ」は、Perfumeが広島で活動していた時期、当時アミューズの新人開発を担当していたジューシィ・フルーツの元メンバー、柴矢俊彦の勧めでメンバーがカヴァーしていたものを、中田が改めてアレンジをし直したものである[1]。「チョコレイト・ディスコ」で中田ヤスタカの存在を知った近田春夫は中田の才覚に感銘を受け、その衝撃は恥ずかしさのあまりにしばらく中田のアレンジ曲を聴けないでいた程であったという[2]。後に中田のカヴァー曲を実際に聴いた近田は、中田の抜群のヴォーカル処理技術を絶賛している[2]

初回限定盤にのみDVDが付属。収録内容は『スウィートドーナッツ』PV及びメイキングと、ライブ映像『Perfume in BEE-HIVE』である。PVディレクターは国吉規人。

収録曲[編集]

  1. スウィートドーナッツ
    作詞:木の子 / 作曲:中田ヤスタカ
    アルバム『Perfume〜Complete Best〜』には短く編集したバージョンが収録された。
  2. シークレットメッセージ
    作詞:木の子 / 作曲:中田ヤスタカ
  3. ジェニーはご機嫌ななめ
    作詞:沖山優司 / 作曲:近田春夫 / 編曲:中田ヤスタカ
    ジューシィ・フルーツのデビューシングルのカバー

カバー[編集]

スウィートドーナッツ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「Tv.Bros」たちまち、語リンピックせん?スペシャル!「ジェニーはご機嫌ななめ」対談
  2. ^ a b 「テクノ歌謡ディスクガイド」p.009~