VOICE (Perfumeの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Perfume > VOICE (Perfumeの曲)
VOICE
Perfumeシングル
収録アルバム JPN
B面 575
リリース
規格 CDシングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル テクノポップ
時間
レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ
作詞・作曲 中田ヤスタカ
プロデュース 中田ヤスタカ
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2010年8月度月間8位(オリコン)
  • 2010年9月度月間44位(オリコン)
  • 2010年度年間53位(オリコン)
  • 2010年度年間26位[2]mora
  • 1位(レコチョク着うた
  • 2位Billboard JAPAN Hot 100
  • 2位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 3位(Billboard JAPAN Hot Top Airplay)
  • 3位(Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay)
Perfume シングル 年表
不自然なガール/ナチュラルに恋して
(2010年)
VOICE
(2010年)
ねぇ
(2010年)
ミュージックビデオ
VOICE - YouTube
テンプレートを表示

VOICE」(ヴォイス)は、日本テクノポップユニット・Perfumeの11枚目シングル2010年8月11日徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された。

背景[編集]

前作「不自然なガール/ナチュラルに恋して」以来4か月ぶりのシングル。

制作[編集]

今作では初めてメンバー音楽プロデューサーである中田ヤスタカとの(新曲製作前の)意見交換、食事会が行われた[3]

表題曲「VOICE」はメンバー曰く「歌モノ」であり[3]、Perfumeの楽曲としては初となるアジアンテイストの施された曲となっている。しかし中田と対談した際、メンバーは「夏フェスで盛り上がれるバッキバキのサマーチュン」、所謂「音モノ」をリクエストしていたため[3]、全く違うものを渡されて戸惑ったという。

ミュージック・ビデオ[編集]

メンバーの意見も取り入れ、一切CGを使用していない。

本来2010年7月28日にYouTubeで公開される予定であったが、徳間ジャパンコミュニケーションズのミスにより、予定公開日の8日前の同月20日にYouTubeに流出してしまった。この流出の件については、徳間ジャパンコミュニケーションズが「ファンの皆様はじめ、メンバー及び関係者の方々にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び致します」と謝罪している。

本作の初回限定盤に付属しているDVDに収録された。 また、Blu-ray&DVD『Perfume Clips』(2014年2月9日)にも収録された。

楽曲について[編集]

  1. VOICE
    メンバー曰く「メロディーがとても綺麗で、あぁ、良い曲だなと思える曲」。また、全体を通してユニゾン編成の楽曲となっており、Perfumeの曲としては珍しく、ソロパートの無い楽曲となっている。
  2. 575
    Perfumeが初めてラップを披露している。また、詞のラップパート以外の部分が、タイトル通り五・七・五で編成されている[3]
    レコーディングの際ずっと五七五で続いていた歌詞から一転、急激に歌詞が増えていて、それがラップであることを知った時は「とても驚き、とても不安だった。が、歌ってみるととても格好良いものに仕上がり、こっちがA面でも良かったな」とメンバーは語っている[4]。また、中田も「リード曲(A面)でもいいと思ったんですけどね。」と語っている[5]

タイアップ[編集]

また、前回の「iida」のCMソングにはPerfumeの音楽プロデューサーである中田ヤスタカの所属ユニットcapsuleの楽曲が使用されていた。

パッケージ[編集]

  • 初回限定盤:CD+DVD
  • 通常盤:CD

初回限定盤(TKCA-73560)と通常盤(TKCA-73565)の2形態でリリースされた。初回限定盤は「VOICE」のビデオクリップを収録したDVDとの2枚組になっている。

ジャケットは、初回限定盤はメンバー3人の脚のみをフォーカスしており、通常盤はメンバー3人の表情がクローズアップされたものとなっている。

プロモーション[編集]

着うたは2010年7月13日から「575」が、同月21日から「VOICE」が先行配信された。

収録曲[編集]

CD[編集]

初回限定盤、通常盤
全作詞・作曲: 中田ヤスタカ(編曲含む)。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「VOICE」 中田ヤスタカ(編曲含む) 中田ヤスタカ(編曲含む)
2. 「575」 中田ヤスタカ(編曲含む) 中田ヤスタカ(編曲含む)
3. 「VOICE -Original Instrumental-」 中田ヤスタカ(編曲含む) 中田ヤスタカ(編曲含む)
4. 「575 -Original Instrumental-」 中田ヤスタカ(編曲含む) 中田ヤスタカ(編曲含む)
合計時間:

DVD[編集]

初回限定盤のみ
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「VOICE -Video Clip-」      

チャート成績[編集]

2作連続で自己最高初動売上を更新。2010年9月、ゴールドディスクに認定された[1]

また「575」はレコチョクの着うた(R)週間ランキングでグループ初の1位を獲得した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ゴールド等認定作品一覧 2010年8月”. RIAJ. 2014年12月4日閲覧。
  2. ^ 2010年 年間トップ100 ダウンロード・ランキング(mora)
  3. ^ a b c d 雑誌『音楽と人』2010年9月 p35
  4. ^ 雑誌『音楽と人』2010年9月 p37
  5. ^ 雑誌『サウンド&レコーディング・マガジン』10月号

外部リンク[編集]