横浜マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
横浜マラソン
開催時期 11月(2009年まで)
12月(2010年〜2013年)
3月(2015年〜2016年)
10月(2017年〜)
開催地 日本の旗 日本横浜市
コース ロードコース
距離 フルマラソン(2015年〜)
ハーフマラソン(〜2012年)
10km
車椅子の部10km(2009年まで)
車椅子の部12.7km(2011年・2012年)
創立 1981年
公式サイト www.yokohamamarathon.jp

横浜マラソン(よこはまマラソン)は、神奈川県横浜市で開催される1981年創立の市民参加型の長距離走大会(市民マラソン)である。2009年から2014年まで開催された横浜国際女子マラソンとは走行コースが異なる。

概要[編集]

2013年までは毎年もしくは晩秋に開催され、山下公園前の紅葉したイチョウ並木山下公園通り)をスタート地点としていた。競技は「ハーフマラソン」(1991年までは「20kmの部」)、「10kmの部」、「車椅子の部」(2009年までは10km、2011年2012年は12.7kmで行われ、2010年・2013年は車椅子部門なし)が行われ、参加者は毎年8000人前後で推移していた。制限時間が他の大会より短く(ハーフマラソンは117分、10kmは70分)、仮装での走行は禁止されているなど、市民大会でありながら競技性が高いのが特徴であった。

2013年は「第33回 横浜マラソン大会」の名称で10kmの部(制限時間80分)のみ開催された。

2014年は開催されなかったが、2015年以降はコースが一新となり(詳細は後節参照)フルマラソン化された。参加者の定員は2万5千人(申込者多数の場合は抽選)となっている。給水・給食所と応援パフォーマンス場所が一体となっており、給食所ではよくある食品のほか、神奈川県内の銘菓などを時間・提供場所を伏せ限定数提供する「ラッキー給食」を提供している。

2015年、2016年は3月中旬に開催。2017年からは10月の開催となる[1]。しかし2017年は、前々日までは「開催を前提に進めて」いたものの、台風22号の接近で「大会当日、強風圏に入ることが確実になった」ことを根拠として、実際には当日は最大風速5.6m/sであったものの、大会前日の午後になって急遽大会の中止を発表。[2]。 その後、中止発表から72時間以上を経過して、事後対応についての発表がなされたが、その内容は受付を完了した参加者と未完了の参加者とで対応が異なるものであった。 なお、同日に実施された国内のフルマラソン大会のうち、中止になったのは当大会のみであった。

コース[編集]

2013年まで[編集]

2012年までのコースは以下の通り[3]。2013年は10km部のみ開催で、コースは前年までと同じ。

ハーフマラソンのコースは日本陸上競技連盟公認コースである。

2015年以降[編集]

2013年以前のコースから一新され、横浜みなとみらい21地区を発着するコースが設定された。途中、首都高速湾岸線や、通常は関係者以外立ち入ることができない横浜港の施設内も含まれる。しかし、2015年大会でマラソンのコースが186.2m不足していることが判明し、日本陸連公認コースとはなっていない[4]

  • 1/7フルマラソン(6.0278km):フルマラソンのコースを山下公園前まで。
  • 車いす1/7フルマラソン: 一般1/7フルマラソンに同じ
  • 車いす2km: パシフィコ横浜前交差点(スタート) → 横浜赤レンガ倉庫 → 国際橋(2015年ゴール) → パシフィコ横浜(2016年ゴール・フルマラソンゴールに同じ)

なお、2015年時点では車いすフルマラソンは行われていないが、2016年以降にこれを実施するため2015年レース時に試走が行われた[5]

車いす1/7フルマラソンは競技用車いすでの参加に限られるが、車いす2kmはその仕様は問わず伴奏・介助も可能。

2015年・2016年は下記の種目が実施されていた。

  • 10km: みなとみらい大橋(スタート) → 横浜市中央卸売市場本場 → 横浜赤レンガ倉庫 → 横浜三塔前 → 横浜スタジアム前 → 山下公園前 → 山下埠頭 → 山下公園(ゴール)
  • 車いす10km: 一般10kmに同じ

運営[編集]

プロデューサー[編集]

  • 坂本雄次(ランナーズ・ウェルネス代表)

優勝者[編集]

 -数字- は優勝回数、 記録 は(当時の)大会記録。

フルマラソン
開催日 男子選手 記録 女子選手 記録
34 2015年3月15日  小山祐太 (JPN) [6] 2時間24分39秒  高田佐知恵 (JPN) 2時間56分31秒
35 2016年3月13日  小山祐太 (JPN) 2時間25分15秒  Leah Daugherty (USA) 2時間51分04秒
36 2017年10月29日 台風接近のため中止

運営結果[編集]

フルマラソン 一般10km 車いす10km 車いす2km 合計 沿道応援人数
34[7] 21,560 (96.0%) / 22,458 932 (99.0%) / 938 8 (100.0%) / 8 19 (100.0%) / 19 22,519 (96.2%) / 23,423 62万人
35[8] 22,594 (94.4%) / 23,948 968 (99.7%) / 971 9 (90.0%) / 10 41 (100.0%) / 41 23,612 (94.6%) / 24,968 65万人
36 台風接近のため中止
完走者 (%) / 出走者

テレビ中継[編集]

2015年大会は、地上波の県域ローカル局tvkで生中継された。放送時間は8:00 - 15:30。この中継がtvk開局以来初のマラソン生中継となった。2016年大会も同一時間にて放送される。

また事後番組として、2015年大会は日本テレビにて「リスタート」の題で5月2日に放送。2016年大会はTBSテレビで放送する[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2015年大会の時点では"横浜市中央卸売市場の南部市場"であったが、大会直後に民営化(中央卸売市場としては廃止)され「横浜南部市場」となった。

出典[編集]

  1. ^ 横浜マラソン 来年は10月神奈川新聞 2016年2月19日
  2. ^ 台風接近で選手らの安全を優先 朝日新聞社 2017年10月28日
  3. ^ 第32回横浜マラソン:アクセス・コース・観光案内(公式サイトのインターネットアーカイブ
  4. ^ 「横浜マラソン2015」公認コース検定の結果について”. 2016年2月20日閲覧。 (PDF)
  5. ^ 横浜で、来年からの車いすフルマラソンに向け、トップランナーがコースを検証! パラフォト 2015年3月16日
  6. ^ ケニアのサイモン・カマウ・カニが2時間21分47秒でトップゴールしたが、ゲストランナー扱いのため表彰対象とはならない
  7. ^ 横浜マラソン2016公式プログラム(沿道応援人数を除く)
  8. ^ 横浜マラソン2016大会結果について横浜マラソン組織委員会 2016年3月13日
  9. ^ TBS『横浜マラソン』 TBSテレビ 2016年2月19日閲覧

外部リンク[編集]