本牧埠頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横浜港 > 本牧埠頭
本牧埠頭D突堤

本牧埠頭(ほんもくふとう)は、横浜港埠頭の一つ。住所神奈川県横浜市中区本牧ふ頭

解説[編集]

日本有数の国際貿易港、横浜港にある埠頭の1つであり、コンテナターミナルとしては横浜港内で最大級の規模と施設を有する。

1960年代からA、B、C、D突堤が順次建設された櫛形の埠頭であったが、B、C突堤間の水域は1990年代から2004年にかけ順次埋め立てられ、一体化された。BC突堤先端部には水深15メートルの大水深コンテナ岸壁を整備、旧C突堤の従来岸壁と合わせ、単一のコンテナターミナルとしては国内最大級の施設に再編・整備されている。また、南側の根岸湾沿いには南本牧埠頭があり、当埠頭と接続するための臨港道路として「南本牧はま道路[1]」(2017年3月4日開通)が整備されている[2]

A、D突堤は横浜市港湾局および横浜港埠頭株式会社が主に管理・運営。一体となったBC突堤は国土交通省からスーパー中枢港湾対象ターミナルとしての指定を受け、民間共同出資のメガターミナルオペレーターである横浜港メガターミナル株式会社(略称YPM)が主に管理・運営を行っている。また、コンクリートを生産するための建材埠頭もある。

この他、D突堤には横浜港シンボルタワー本牧海づり公園本牧漁港港湾職業能力開発短期大学校横浜校がある。

本牧埠頭と大黒埠頭を結ぶ横浜ベイブリッジは、横浜のシンボルとなっている。

位置[編集]

名称 座標
A突堤 北緯35度26分45秒東経139度40分10秒
BC突堤 北緯35度26分22秒東経139度40分30秒
(旧B突堤) 北緯35度26分34秒東経139度40分28秒
(旧C突堤) 北緯35度26分13秒東経139度40分37秒
D突堤 北緯35度26分10秒東経139度41分10秒

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南本牧ふ頭連絡臨港道路の名称が決定しました!”. 国土交通省関東地方整備局 京浜港湾事務所 (2017年2月14日). 2017年3月6日閲覧。
  2. ^ 南本牧ふ頭連絡臨港道路及び首都高湾岸線南本牧ふ頭出入口は3月4日(土)に開通いたします。(第2報) (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 京浜港湾事務所・横浜市港湾局 (2017年2月3日). 2017年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]