仮装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハロウィーンで動物の衣装を着た子供

仮装(かそう)とは、

  1. 仮に他のものの姿を真似て装うこと[1]。本項で詳述する。
  2. あたかもある出来事が実際にあったかのように見せかけること。仮装売買など[1]
  3. 仮に装備して別物にすること[1]偽装してある物として見せかけること。仮装空母仮装巡洋艦など。

概説[編集]

仮装は、着用者の本来の属性・立場とは異なる服装をするものであるが、日本語においては、自分の立場を秘匿し別人であることを装う変装とは一般に区別される。また扮装(ふんそう)とも言うが、これは主に演劇舞台芸術などにおける衣裳を指す。仮装に用いられる衣服装身具の一式を衣裳(衣装)やコスチューム等とも言う[1]。近年ではゲームアニメなどのキャラクターになりきるコスプレ文化も日本を始めとして広まっている。

仮装は個人的な楽しみのほか、祝祭西洋カーニバルアメリカ合衆国ハロウィンなど)や、仮装舞踏会仮面舞踏会仮装パーティーで集団的に行なわれる。またさまざまな扮装した人々が仮装行列(パレード)を行なうこともある(時代祭等)。また、日本では江戸時代に流行した集団参詣や民衆踊りにも仮装を伴うものが多く見られた[2]。またスポーツイベントでは、チームのマスコットキャラクターを模した衣装を着た人たちが、クラブやチームの団結を助けることもある。

仮装の題材には歴史上の人物、有名人、話題の人物、フィクション作品の人物・存在、または看護師警察官のような特定の職業のユニフォーム動物等が用いられる。マルディグラの衣装は通常ジェスターや他の空想のキャラクターである。一方、ハロウィンの衣装は亡霊吸血鬼のような超常的存在、大衆文化の象徴的人物、および天使である。クリスマス復活祭の衣装は、サンタクロース(サンタ服を着て付け髭)とイースター・バニーの動物着ぐるみである。宗教に関係ない休日では、衣装で様々なキャラクターを演じる。例えば、アメリカ独立記念日にはアンクル・サムの衣装を着る。

仮装を経験した大学生を相手に伊地知美知子アンケート調査したところでは、仮装時の気分・態度は「楽しかった」「陽気になった」「活動的になった」などと表明する者が多かった[3]

ギャラリー[編集]

文献資料[編集]

参考文献
  • 伊地知美知子「仮装と心理[2]」文教大学教育学部紀要, 1998
関連文献

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d デジタル大辞泉
  2. ^ 江戸時代後期の砂持・流行踊りと庶民意識に関する研究国立情報学研究所、1994年
  3. ^ 伊地知美知子「仮装と心理[1]」文教大学教育学部紀要, 1998

関連項目[編集]