衝突安全ボディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

衝突安全ボディー(しょうとつあんぜんボディー)は、自動車の衝突時における乗員保護(衝撃吸収機能)と生存空間の確保(乗員保護機能)などを考慮して設計製造された自動車用車体のことである。

日本における衝突安全ボディ[編集]

1993年1月に「道路運送車両の保安基準」が改訂され、94年4月以降の新型車には前面衝突試験が義務付けられた。 1995年にトヨタ自動車が新型スターレットを皮切りに衝突安全ボディーを謳った「GOA」を次々に同社製品に採用。それを皮切りに他メーカーからも衝突安全ボディー採用を謳う新型車が続々と登場した。

また、自動車事故対策センターによる自動車アセスメント(JNCAP)など、公的機関による衝突安全試験によって各車に衝突安全性の格付けが行われる様になり、消費者が容易に衝突安全性を比較できるようになった。

衝突安全ボディーの構造[編集]

オフセット前面衝突試験に使用された車両

衝突安全ボディーの構造は、衝撃を吸収する「クラッシャブルゾーン」(フロント構造とリア構造)と、乗員の安全を確保する「セーフティゾーン(サバイバルゾーン)」(キャビン構造)に分けられており、これらの構造を組み合わせたモノコック構造である。これにより、衝突時に乗員に加わる衝撃を緩和する。

衝突事故のほとんどは、フロント片側をぶつけるオフセット(=ずれた)衝突である。これは、フロント全体で衝撃を受け止めるフルラップ(=全面)衝突よりボディーの損傷波及が複雑になりやすい。オフセット衝突で問われるボディーの安全基準は、フロントが複雑につぶれていても、キャビンが原型をとどめ、乗員が無事でドアが開く、といった点である。 さらには歩行者頭部保護性能テストもあり、この対策として、フードなどの形状や素材が変化している。

一方、低速での事故でも人的被害が大きく、衝撃を吸収するスペースを確保しにくい側面衝突に対しては、ドア断面を厚くしたり、車幅を拡大することで衝撃吸収のスペースを得て、ドアに内蔵しているインパクトビームの強化・増設、ドアトリム内にエネルギー吸収パッドを設置、ロッカーパネル及びピラーフロントピラーセンターピラークォーターピラー)の鋼板厚み増し、及びインナーパネルの追加、そしてサイドエアバッグ、などで安全性を確保している。これらは、ロールオーバー(=横転)事故への対応も含まれている。

結果として、フロントとリアは衝撃をできるだけ吸収するための工夫された構造と素材、各パネルは複雑に複数が組み合わされた形になり、さらにインナーには充填剤が注入され、高張力鋼板の改良や新素材の採用も進んでいる。

衝突安全ボディーの名称[編集]

独自の基準に基づいた名称を設けている自動車メーカーもあり、日本ではメーカー別にまとめると

がある。

関連項目[編集]