寒冷地仕様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

寒冷地仕様(かんれいちしよう)とは、寒冷地の使用を考慮した仕様である。高い保温性能、積雪などによる荷重対策、凍結対策など様々な仕様がある。本項は日本の現状を記す。

交通[編集]

自動車[編集]

寒冷地の使用を考慮して設定される選択肢のひとつで、北海道東北地方などの北日本北陸甲信越地方北関東[1]、東海、近畿、中国の各一部地域[2]で、寒冷地仕様の販売や推奨が見られる。

日本車トヨタ日産ダイハツ三菱自動車などが設定している。厳寒地の北海道や豪雪地域で販売される新車は、オプションではなく寒冷地仕様が標準装備されており、標準車と比較して販売価格が数万円程度高く設定されているが、ほかの地域はオプション扱いで、購入者の要望で装備する。寒冷地仕様は防錆対策が包含される場合があり、温暖地域でも塩害を受けやすい沿岸や離島などで選択する者も少なくない。離島に販売する車両は、寒冷地仕様の下回りに防錆塗装を追加することがある。

ホンダマツダスバルスズキは寒冷地仕様が設定されておらず、販売地域に関係なくこれらの装備を標準化し全国統一価格としている。大半の正規輸入車は寒冷地仕様と同等の装備を有しており、メーカーが明らかにする場合もみられる[3]

標準車との相違点[編集]

近年は上記以外にも、「ミラーヒーター」「リアフォグランプ」「ワイパーデアイサー(ガラスに凍結したワイパーを融解するための熱線)」「LSD(リミテッド・スリップ・デフ)」「シートヒーター」などの装備とセットオプション化されている車種もある。

三菱・ランサーエボリューションスバル・インプレッサのようなラリーの使用を前提に基本設計された車種や、三菱・パジェロのようなSUVなど悪路・悪天候での走行を想定した車種は、標準で寒冷地仕様相当の装備を備えており、別料金で寒冷地向けの最小限装備(ミラーヒーター等)が追加される程度となる。

メーカーカタログ掲載仕様のほかにも提供可能な装備が見られ、商用電源冷却水を温めるシリンダーブロックヒーターや、エンジンオイルを温めるオイルパンヒーターがある。消防車などの緊急車両の需要が主であるが、同じエンジンを搭載した車種は装着が可能で、新型車解説書に記載されている。

バスは、暖地向けが冷却水を利用した温水ヒーターのみの装備であった時代から、ベバストヒーターのライセンス生産を行っていた三国五光灯油燃焼温気式暖房機(FF式)を追加装備していた。

1970年代まで北海道で販売される寒冷地仕様車は、夏タイヤと冬タイヤホイールチューブを兼用し、ラジアルタイヤやチューブレスタイヤは一部の高級車を除き設定されなかった。

その他[編集]

北海道などの酷寒冷地で中古車を購入する場合、低温対策を施していない標準車では冬季間にバッテリー性能低下によるエンジン始動不能など数々のトラブルが生じる可能性があるため、北海道内で中古車を購入する場合は他の都府県に比べて注意を要するが、標準車の中古車を、寒冷地仕様車同等の大容量バッテリーや寒冷地用のロングライフクーラントへ交換して販売されているケースもみられる。

レンタカー会社は全国規模で車両の移管を行うことがあり、繁忙期の北海道・沖縄地区などでレンタカーとして使用を終えた後に多くを中古車として売却して流通させることから、前述の理由により寒冷地仕様車の比率が高い。バッテリーの容量が大きいことやヒーターの効きが良いことなど、不慣れなドライバーが使用することに対する対策の1つでもある。

自動車の燃料などの消耗品も寒冷地仕様の製品が存在する。

鉄道車両[編集]

気動車においては北日本地域向けに専用の形式としてキハ12形キハ21形・キハ22形が導入された。その他の地域向けの車両との違いは2重窓の採用であったが、キハ22形では保温性向上の観点からデッキが設置された。昭和40年代以降は本州向けの特急形を除く気動車にも寒冷地仕様が設定され、キハ58系キハ45系キハ40系に設定され、基本的に500番台に区分された。JR発足後はJR東海の一般形気動車では現在でも寒冷地向けと温暖地向けに車両を分けており、寒冷地向けの車両は高山本線太多線で運用される車両に設定される。

また気動車と同じく電車も、温暖地向けと寒冷地向けに分けられている。 寒冷地向けの主な装備は、半自動扉スノープラウの設置など。

例:

  • 温暖地向け……113系211系0・2000番台など
  • 寒冷地向け……115系湖西線向け113系700・2700番台、211系1000・3000番台など

国鉄分割民営化後に投入された新形式で、同じ形式内に温暖地向けと寒冷地向けの両方ある形式も存在する(313系E231系E233系など)。

ディーゼル機関車ではA寒地仕様・B寒地仕様が存在する。詳細は国鉄DD51形ディーゼル機関車国鉄DE10形ディーゼル機関車を参照。

建築[編集]

住宅[編集]

ヨーロッパには組積造の伝統があり、北欧や東欧などの寒冷地ではプレキャストコンクリート工法が屋内で部材を生産できる建築技術として発達した[4]。また、土壌が凍結する場所では、凍上が発生して建物の基礎が破壊される可能性があるために、建物の基礎底部深さを凍結深度よりも深くまで到達させておく必要がある[5]

水まわり[編集]

水は低温によって凝固して氷になった場合、体積が増加することが知られている。この結果、例えば水で満たされた配管内で凝固すると、配管が破壊される恐れが出てくる。このような理由から、水まわりにおいては、水栓、水洗便器などに寒冷地仕様対応製品があり、豪雪地域で採用されているケースが多い。

脚注[編集]

  1. ^ 茨城県栃木県群馬県
  2. ^ 東海は岐阜県北部、近畿は京都府と兵庫県の内陸部や日本海側にあたる地域、中国は山陰地域または中国山地沿いにあたる地域。
  3. ^ 『ユニバースは基本的に「全車寒冷地装備」と思っていただいてよいでしょう。』 ヒュンダイ自動車
  4. ^ 江口清 『現場技術者が教える「施工」の本〈躯体編〉』 建築技術、2006年、176頁。
  5. ^ 凍上対策

関連項目[編集]