JR東海キハ75形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR東海キハ75形気動車
キハ75形200・300番台(快速「みえ」)(2007年8月8日 / 伊勢鉄道伊勢線徳田駅付近)
キハ75形200・300番台(快速「みえ」)
(2007年8月8日 / 伊勢鉄道伊勢線徳田駅付近)
基本情報
運用者 東海旅客鉄道
製造所 日本車輌製造
製造年 1993年 - 1999年
製造数 40両
主要諸元
編成 2両
軌間 1,067 mm
最高運転速度 120 km/h
車両定員 52(席)+77(立)=129名*1
200・300番台:131(52)名
3400・3500番台:135(56)名
自重 200番台:40.2t、300番台:40.4t
3400番台:39.4t、3500番台:39.6t
全長 21,300 mm
車体長 20,800 mm
全幅 2,943 mm
車体幅 2,900 mm
全高 3,965 mm
車体高 3,630 mm
車体材質 ステンレス
台車 C-DT60形軽量ボルスタレス台車
動力伝達方式 液体式
機関 C-DMF14HZB(カミンズ製)
機関出力 350ps ×2(1両あたり)
変速機 C-DW14A (変速1段・直結2段)
制動装置 電気指令式ブレーキ
増圧ブレーキ・機関ブレーキ直通予備ブレーキコンバータブレーキ
保安装置 ATS-ST
ATS-PT
EB装置 TE装置
備考 *1:0番台1両当たり
テンプレートを表示

キハ75形気動車(キハ75がたきどうしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の一般形気動車

概要[編集]

JR東海では、日本国有鉄道(国鉄)から承継したキハ58系キハ65形気動車を非電化区間に直通する快速急行列車に使用していたが、それらの車両の老朽取り替えを目的として設計・製造され、1993年から1999年にかけて計40両が製造された。

共通事項[編集]

百位が偶数の番台を1号車(鳥羽・新宮・下呂・多治見方向)、奇数の番台を2号車(名古屋・岐阜方向)として2両編成を組むが、2両以上であれば設計上は1両単位で最大10両まで連結することができるため、後継系列のキハ25形のような編成番号は設定されていない。

車体は311系電車と同様にステンレス鋼製の車体に両開きの客用扉が片側3箇所、オレンジ色の帯が2本という外観となった。連続窓が採用され、車端部を除いて固定式である。低床構造とされたため扉付近には段差(ステップ)がない。

車内設備は311系電車に準じたもので、転換クロスシートを採用しているが、乗降扉付近と車端部側は転換式と同一寸法の固定クロスシートとなっている。0・200・400番台には車椅子対応トイレを設置している。各車の車端部妻面にはLEDを用いた車内案内表示装置を設置した。0・200番台には車内公衆電話が設置されていたが、2007年3月18日以降使用を中止した。

エンジンカミンズスコットランド工場製NTA-855-R-1(JRグループの型式:C-DMF14HZB 、350ps)を各車両に2基ずつ搭載し、変速機は新潟コンバータ製[* 1]のC-DW14Aでトルクコンバータを用いる変速段が1段に加え、直結段が2段となっている。最高運転速度は120km/hで、キハ85系と同等の性能を有する。ブレーキシステムもキハ85系と同一の電気指令式で、その他機関ブレーキとコンバータブレーキも装備する。台車ボルスタレス式で、ヨーダンパを装備するC-DT60形である。

連結器は、キハ85系では従来車と共通の密着自動連結器が採用されたのに対し、本形式ではJR東海の気動車として初めて電気連結器付き密着連結器が採用された。

冷房装置駆動エンジン直結式のC-AU30形を屋根上に2基搭載する。

種別・行先表示器と号車番号表示器は字幕式である。製造当初は前面行先表示器の字幕の地色が黒であった。キハ58系のように臨時列車に使用されることを考慮し、当初から高山本線・中央本線の駅名や急行「エメラルド」での運用を想定した東舞鶴駅などを行先として表示できるようになっている。

番台区分[編集]

0・100番台[編集]

キハ75形1次車 編成表
 
編成 1 101
6 106

1993年、快速「みえ」用として2両編成6本(12両)が日本車輌製造で製造された。

座席はシートピッチ940mmの転換クロスシート(一部固定)であるが、国鉄時代から気動車の全長は21.3 m (連結面間)と標準的な電車のそれに比べて1.3 m も長いため、311系と同じ座席数ながらシートピッチは30mm長い。トイレは0番台に備えている。2000年代に入ってからはドアチャイムも設置されている。

2017年4月1日現在、12両全車が名古屋車両区に配置されている[1]


200・300番台および400・500番台[編集]

キハ75形2次車 編成表
 
← 鳥羽・下呂・多治見

名古屋・岐阜 →
編成 201 301
208 308
401 501
406 506
キハ75-301
キハ75-404
(東海道本線大府 - 金山間、2000年3月10日)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

1999年に投入された2次車で、快速「みえ」の増発と急行「かすが」用キハ58系・キハ65形気動車の置き換え、また武豊線用の車両置き換えと東海道本線(名古屋)直通列車の増発を目的に日本車輌製造で製造された。この増備により従来武豊線を走っていたキハ40系は名古屋車両区から美濃太田車両区伊勢車両区に転出した。

基本的な仕様は0・100番台に準拠しており、トイレは200番台・400番台に設置するが、同時期製造の313系電車に合わせて以下の変更点が加えられている。

  • 貫通扉上部に前照灯が増設された。また、車体最大高を3.9m→3.63mとした。制御・駆動系などは基本的に0・100番台と同じである。
  • 転換クロスシートは313系と同様の中折れ機構を持つタイプに変更され、シートピッチも940mm → 910mmとなり、乗降扉付近のスペースを広げ立席定員が増加した。
  • ドアチャイムを設置[* 2]
  • 0・100番台の客室内LED式情報案内装置に組み込まれていたデジタル時計は省略された。これに伴い禁煙表示の位置も変更されている。
  • 400番台には公衆電話が当初から設置されていない。
  • 前面行先表示器の字幕は白地・黒字体に変更(0・100番台も交換)。
  • 400・500番台はワンマン運転対応用として乗務員室後部に運賃表示器[* 3]運賃箱を設置し、後部乗降扉に埋め込み式の乗車整理券発行器を設置した。これらは同時期にワンマン対応仕様車として製造された313系3000番台と同一である。座席配置は0・100・200・300番台と同一で、多客時の臨時列車などでは座席指定席車として運用される場合もある。
  • 電気連結器は一般的なものに変更された(0・100番台も交換)。

2017年4月1日現在、201・202・301・302の4両が名古屋車両区に配置されている[1]

なお、2015年3月10日付けで美濃太田車両区に転属した[2]200・300番台の6両については後述の1200・1300番台に、400・500番台については12両全車が後述の3400・3500番台にそれぞれ改造され、400・500番台は番台消滅している[3]


1200・1300番台(耐寒対策)[編集]

冬季の寒冷地運用を考慮し、美濃太田車両区に転入した200・300番台に耐寒対策などの改造を施したもの。元番に+1000されている。

2015年4月から同年6月にかけて3編成 (1203 + 1303 - 1205 + 1305) に施工された[3]。改造時点では全車が美濃太田車両区所属となっていたが、2017年3月3日付で1203・1303の2両が名古屋車両区に転属した[4]

2017年4月1日時点では美濃太田区に1204 - 1205・1304 - 1305の4両、名古屋車両区に1203・1303の2両が配置されている[1]

3200・3300番台(ワンマン対応・耐寒対策)[編集]

武豊線電化に伴う転用を控え、200・300番台にワンマン対応・耐寒対策などの改造を施したもの。元番に+3000されている。2014年3月に1編成(3207+3307)が[5]、2015年2月に2編成(3206+3306・3208+3308)が改造を完了している[2]。耐寒対策以外の仕様は400・500番台とほぼ同一であるが、2014年9月に登場したキハ25形1000・1100番台と同様にデッキの整理券発券機は半減し、各車両最後部のドア付近のみの設置となった。

改造を施工された3206+3306 - 3208+3308の3編成は、2015年3月10日付けで美濃太田車両区に転属し[2]、高山本線・太多線で使用されることになった。転属後は既存の400・500番台と共通運用が組まれている。

2017年4月1日現在、3206 - 3208・3306 - 3308の6両が美濃太田車両区に配置されている[1]

3400・3500番台(耐寒対策)[編集]

冬季の寒冷地運用を考慮し、美濃太田車両区に転入した400・500番台に耐寒対策などの改造を施したもの。元番に+3000されている。2015年4月から同年6月にかけて全車両が改造された[3]

2017年4月1日現在、3401 - 3406・3501 - 3506の12両が美濃太田車両区に配置されている[1]

運用[編集]

2017年現在は主に快速「みえ」や参宮線高山本線太多線の普通列車に使用される。

  • 快速「みえ」は原則として名古屋車両区所属車の2両編成または4両編成で運転されているが、臨時増発や定期列車の増結時には美濃太田車両区所属車両(ワンマン運転対応車も含む)が「みえ」の運用に就くこともある。
  • 紀勢本線・参宮線列車は2両か4両編成で運用されている。
    • 参宮線普通列車の一部は快速「みえ」の送り込み列車としても運用されており、「みえ」運用時に指定席となる部分は「指定席」「一部指定席」表示のままで運転されるが、この列車は全席自由席として運転されている。
    • 定期列車において紀勢本線亀山駅 - 津駅間および多気駅 - 新宮駅間、名松線では運用されていない。
  • 高山本線・太多線列車は2両 - 4両編成での運用となる。3両編成時は1200・1300番台の2両編成を分割し、他の2両編成に1両ずつ増結する。
    • 現時点ではドアステップの取り付けが行われていないため、プラットホーム高さの関係から高山本線での定期営業運転は岐阜駅 - 下呂駅間となっている。
  • 臨時列車については臨時急行熊野市花火号」や臨時快速「さわやかウォーキング号」、四日市花火大会の臨時列車などでの運用実績もある。
  • 過去には名古屋駅 - 奈良駅間の急行「かすが」(2006年3月17日をもって廃止)、武豊線および東海道線名古屋駅 - 大府駅間(2015年3月1日にそれぞれ運用廃止)でも定期運用されていた。

その他[編集]

  • 2012年2月までに全車両に対してATS-PTの設置工事が施工されている。
  • JR東海では2011年3月から武豊線にキハ25形0番台が投入、捻出された本形式が上記の「みえ」の増結に運用されている。「みえ」は2014年12月から一部の便で2両編成に戻され、その後武豊線が2015年3月1日電化されたため、本系列はキハ25形とともに高山本線・太多線を中心とした運用となっている[6][7]

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 現在の呼称は日立ニコトランスミッション
  2. ^ ただし、チャイム音は313系電車とは異なり、キハ11形300番台と同一のものを使用。
  3. ^ 2014年1月初旬からは、キハ25形や313系1300番台と同一の液晶式のものに順次取り替えられている。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 鉄道ファン』2017年7月号 交友社 「JR車両ファイル2017 JR旅客会社の車両配置表」
  2. ^ a b c 鉄道ファン』2015年7月号 交友社 「JR車両ファイル2015 JR車両データバンク」
  3. ^ a b c 鉄道ファン』2016年7月号 JRグループ 車両のデータバンク2015/2016
  4. ^ 鉄道ファン』2017年7月号 交友社 「JR車両ファイル2017 JR車両データバンク」
  5. ^ 鉄道ファン 2014年7月号P69 同付録車輌配置表P41
  6. ^ JR東海ニュースリリース - 武豊線の電化について
  7. ^ JR東海ニュースリリース - 平成27年3月ダイヤ改正について

関連項目[編集]

外部リンク[編集]