日産・ライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノート ライダー

ライダーRider)は、日産自動車傘下のオーテックジャパンエアロパーツなどを取り付けた、カスタマイズカーシリーズである。

特徴[編集]

スポーティモデルで、ビレットグリルが特徴であり、フロントエンブレムに日産のエンブレムは付かないのが特徴。エルグランドライダーは本革シートやBOSEサウンドシステムも装備された高級志向モデルでもあり、リアコンビネーションランプはクリアとなっている。

ライダー(一部アクシスも含む)のグレードであるハイパフォーマンススペック、パフォーマンススペックとは専用チューンドエンジンやボディ剛性の向上、サスペンションチューニングにより、走行性能がより高くなっている。また、ハイパフォーマンススペックは、エンジンチューニングが施されている。

ライダーは製造がオーテックジャパンになるので、運輸支局にてナンバー取得する際、通常は車体番号のみだが、後述のノート・キューブ・セレナライダー以外は車体を持ち込み発行してもらう(=持ち込み登録)ことになる為、納車も通常モデルと比べると時間がかかる場合が多い。ただし、2009年7月31日にライダーのうちノートとキューブが、8月18日にはセレナライダーが形式指定車になりグリーン税制の減税措置対象に、8月31日には減税措置対象がノート・キューブ・セレナ以外の一部車種にも拡充されるようになった(いずれもパフォーマンススペックの一部車種とハイパフォーマンススペック全車除く)。

また、全車種ともメタル調のインテリアとなっており、車体全体にエアロパーツが装着されているため、段差等には細心の注意が必要である(エアロは原則工場完成車両となるハイウェイスターも同様)。

車種[編集]

  • ☆は一部に型式指定有り。
  • ●は一部を含めハイウェイスターがベース。

現行[編集]

車名 型式 バリエーション 備考
デイズ ライダー AA0
(B21W)
ブラックライン
eKカスタムの共同開発車で三菱自動車工業
デイズルークス ライダー BA0
(B21A)
ブラックライン
eKスペースカスタムの共同開発車で三菱自動車工業製
キューブ ライダー Z12 ブラックライン
パフォーマンススペック
ノート ライダー E12 ブラックライン(前期II/後期)
ウイングロード ライダー Y12
セレナ ライダー C27
エルグランド ライダー E52 ブラックライン
ハイパフォーマンススペック
ハイパフォーマンススペック ブラックライン
NV350キャラバン ライダー E26 ブラックライン 乗用(3ナンバー)登録のワゴンと商用(4ナンバー)登録のバンが設定されており、
バンは現行のライダーで唯一の商用車である


過去[編集]

車名 型式 バリエーション 備考
オッティ ライダー NA1
(H92W)
2代目eKスポーツのOEMで三菱自動車工業製
キューブ ライダー Z10
Z11
Z10・後期のみ日産自動車の取扱
ノート ライダー E11 ブラックライン(後期)
ハイパフォーマンススペック(後期)
ウイングロード ライダー Y11
アベニール ライダー W11
プリメーラワゴン ライダー WP12
キューブキュービック ライダー BZ11
リバティ ライダー M12
ラフェスタ ライダー B30 2代目ラフェスタハイウェイスター(プレマシーのOEMでマツダ製)の登場により廃止
セレナ ライダー C24
C25
C26
ライダーS(C25・前期/中期)
パフォーマンススペック(C25・後期/C26)
ハイパフォーマンススペック(C25・後期/C26)
ブラックライン(C26)
パフォーマンススペック ブラックライン(C26)

C25・後期以降は3ナンバー登録
プレサージュ ライダー U30
U31
バサラ ライダー JU30
エルグランド ライダー E50
E51
ライダーS(E51)
パフォーマンススペック(E51・後期)
ハイパフォーマンススペック(E51・後期)
エクストレイル ライダー T30
キャラバン ライダー E25 ロング・スーパーロング共に1ナンバー登録

関連項目[編集]

外部リンク[編集]