ライフケアビークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
E25型キャラバンチェアキャブ リフタータイプ

ライフケアビークル (Life Care Vehicles、LV、LCV) は、日産自動車福祉車両のことで、オーテックジャパンによって架装される。

SHIFT ワードSHIFT_potentialであった。

車種[編集]

ノートとセレナでは、e-POWER搭載モデルの設定もある(セレナ e-POWERはセカンドスライドアップシート、チェアキャブ スロープタイプ、ステップタイプに設定)。

アンシャンテ[編集]

スライドアップシート
ティーダ アンシャンテ 助手席スライドアップシート
シートが電動で回転・昇降する仕様。通常は助手席が回転・昇降する「助手席スライドアップシート」が設定されるが、ミニバンのエルグランドとセレナには2列目シート左側が回転・昇降する「セカンドスライドアップシート」も設定される。
送迎タイプ
オレンジの手すりとステップを装備した仕様。セレナの送迎タイプはステップで「オートステップ仕様」と「ロングステップ仕様」の2種類から選択可能。NV350キャラバンの送迎タイプは定員10名のワゴンと定員14名のマイクロバスが設定されている。
ステップタイプ
ステップを装備した仕様。助手席と左側スライドドアでの同時使用が可能で、使用しないときはサイドシル下側(ボディ下)に格納されるロングステップを採用。
助手席回転シート
備え付けられたストラップを引いて手動で回転する機構を助手席に備えた仕様。

チェアキャブ[編集]

NV200バネット チェアキャブ スロープタイプ
スロープタイプ
スロープ(車種によりスライド式または折りたたみ式となる)と乗降アシスト装置を装備した仕様。NV100クリッパーリオとNV100クリッパーは単に「チェアキャブ」の名称で販売されているが、折りたたみ式のスロープと乗降アシスト装置にあたる電動ウインチを装備しているため、このタイプにあたる。
リフタータイプ
車いすごと乗り降りが可能な電動式リフターを装備した仕様。

過去の販売車種[編集]

アンシャンテ[編集]

福祉タクシー[編集]

チェアキャブ[編集]

パーソナルチェアキャブ[編集]

ドライビングヘルパー[編集]

その他[編集]

展示場[編集]

通常の日産車と同じく日産自動車の販売店に展示されているが、東京日産自動車販売のオーテックプラザ堀之内店及び日産カレストの店舗には常時展示されている。また、LV認定店には試乗車も常備されている。

ディーラーオプションキット[編集]

現在使用中の日産車に後から架装するキット。

  • 乗降用グリップ(C27型セレナ用)
  • Aピラーアシストグリップ(NV200バネット用)
いずれの場合も、SRSカーテンエアバッグシステムやSRSサイドエアバッグシステムを装着している場合は装着不可。
  • 助手席スライドアップシート(Z12型キューブ用)
  • チェアキャブ ディーラーオプションキット(NV200バネット、E26型NV350キャラバン用)

関連項目[編集]

  • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 - 日本テレビが年に一度放送しているチャリティー番組。番組開始当初よりメインスポンサーとして福祉車両の寄贈を行っており、2017年までの40年間で計205台を寄贈している。なお、第1回で寄贈されたうちの1台は約20年間使用された後、2015年にオーテックジャパンでレストアされ、同番組関連のイベントでの展示車両として現存している。

外部リンク[編集]