日産・セドリックセダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セドリックセダンとは、日産自動車が製造するセダンである。ハードトップが一般向けなのに対しこちらはおもに法人向けでタクシーパトカーハイヤー社用車、公用車などへの使用が多くなっている。この車には大きく分けて自家用と営業車(タクシー仕様)の二つに分かれる。ここではおもに自家用モデルについて解説する。また、ハードトップと区別するためにSY31と呼ぶことが多い。「セドリックセダン」が正式な車名として使用されるのはY31系ビッグマイナーチェンジ後(1991年6月)からと思われる。

歴史[編集]

初代 30型系(1960年 - 1965年)[編集]

  • 1960年 - 発売。1500ccのみ。
  • 1960年11月 - 1900ccのカスタムが登場する。
  • 1962年10月 - マイナーチェンジ。縦一列のヘッドライトが横一列のヘッドライトに変更された。

2代目 130型系(1965年 - 1971年)[編集]

有名なOHC直列6気筒L20型エンジンがこの車と同時にデビューする。尚、L20型エンジン搭載車は、最上級グレードのスペシャルシックスのみであり、他にOHV直列6気筒のJ20型エンジン車があった。

  • 1965年10月 - 発売。
  • 1966年10月 - 一部改良。
  • 1967年10月 - 一部改良。テールランプのデザイン変更。
  • 1968年9月 - マイナーチェンジで後期型になる。内外装が大幅に変わる。開閉可能だったリアドアの三角窓が固定式となる。
  • 1969年10月 - 一部改良でL20型を改良。また、J20型エンジン車が消滅し、直列6気筒車が全てL20型エンジン車になる。ホイールが13インチから14インチになる。また最高級グレードとしてパワーステアリングパワーウインドウを装備した「スペシャルGL」と「パーソナルDX」を追加。
  • 1970年6月 - ニッサンマチック・フロアタイプを追加。

3代目 230型系(1971年 - 1975年)[編集]

ハードトップ追加によりセダンとハードトップに分かれる。このモデルよりフロントドアの三角窓が廃止になる。また、それまで別モデルであった、元プリンス自動車のグロリアと双子車になる。

  • 1971年 - 発売。
  • 1972年7月 - マイナーチェンジで後期型になる。
  • 1973年4月 - 昭和48年排出ガス規制適合。セダンのリアターンシグナルランプはハードトップと同様にレンズの色がアンバーに変更され、独立して点滅するようになった。

4代目 330型系(1975年 - 1979年)[編集]

  • 1975年6月 - 発売。2ドアハードトップは角目2灯ヘッドライトだがセダンは丸目4灯だった。3ナンバー車は、L26からL28に変更された。
  • 1975年10月 - 2000ccのパワー不足を補うためEGI仕様のSGL-E/GL-Eを追加。
  • 1976年6月 - ガソリン車は51年排出ガス規制適合で331型になる。
  • 1977年6月 - マイナーチェンジで後期型になる/2800Eブロアム・SD22型直列4気筒ディーゼル搭載車220D GL/220D DX/220D STDを追加。従来のSD20エンジン搭載車はSTDのみへ。
  • 1978年11月 - ガソリン車は53年排出ガス規制適合/2000SGL-Eエクストラを追加。

5代目 430型系(1979年 - 1983年)[編集]

  • 1979年 - 発売。ターボモデル追加。L型エンジンをベースとした日本初の直列6気筒ディーゼルエンジンLD28が追加される。スタンダードのみ丸目4灯ヘッドライトとハーフホイールキャップを採用する。DX以上は角目4灯ヘッドライトとフルホイールキャップを採用する。パトカー(YP430)はエンジン以外スタンダードに準ずる。その他としてCピラー部にオペラウインドウ(スタンダードは430型・Y30型は非装着。Y31は1991年6月までセダン全車に装備)と呼ばれる小窓が設けられた。L28Eには、ECCS(エンジン集中電子制御システム)が装着されていた。
  • 1981年4月 - マイナーチェンジで後期型になる。L28E車が145ps→155psに向上。ECCSがL20Eエンジン搭載車にも採用。
  • 1982年6月 - 電子制御OD付フルロックアップ4速ATが280E/200Eターボ/200Eに設定。

6代目 Y30型系(1983年 - 1987年)[編集]

日産・セドリックセダン(6代目)
Y30型系
スタンダード
Nissan-CedricY30Standard.JPG
販売期間 1983年6月 – 1987年6月
乗車定員 5 / 6人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン VG30ET/VG30E型 3.0L V6
VG20ET/VG20E型 2.0L V6
LD28→RD28型 ディーゼル2.8L 直6
駆動方式 FR
変速機 4速AT
5速 / 4速MT
全長 4,690 - 4,860mm
全幅 1,695 - 1,720mm
-自動車のスペック表-
  • 1983年6月 - 発売。直列6気筒L型エンジンに代わりV型6気筒VGエンジンが搭載された(6気筒LPG仕様は1987年までL20を継続 型式はE-MY30)。スタンダードのみ丸目4灯ヘッドライトを採用する。Y30のタクシー用インパネは現在もY31営業車でほぼ共通のものが使用されている。 ディーゼル車は、直列6気筒のLD28(2.8L、ディーゼルなので5ナンバー)が引き続き使用される。輸出用はCA20S/SD23(STD)、VG30S/E(SGLまたはブロアム)となっており、これまでのDATSUN220C/240C/260Cから正式に「日産・セドリック(NISSAN-CEDRIC)」(中文:日産小公)となり国内外とともに名乗るようになった。
  • 1984年1月 - VG30E搭載車にブロアムVIP追加。
  • 1984年6月 - VG30ETエンジン追加。グレードはブロアムVIPとブロアム。ブロアムVIPはVG30ET車に移行。
  • 1985年6月 - 後期型にマイナーチェンジしたことに伴い、ディーゼルエンジンは、それまでのLD28に代わり、RBエンジンをベースにしたRD28が登場する。VG20ETエンジン搭載車がジェットターボの採用で170ps→180psに向上。LPG車には最高級グレードのSGLを追加。スタンダードはトランクリッドの「NISSAN」マークが左から右に移動した。VG30ET、VG30E、VG20ETエンジン搭載車にタコメーターを装備した。海外輸出でもマイナーチェンジがあり、ASEAN諸国市場用STDでは従来のSD23からTD25へスワップ(L4に変化なし)。中南米では、組み立て工場があるメキシコ(当時はアグアスカリエンテスのみ)ではこのセダンをベースとしたパトカーを採用したのがこの期のもので、日本でいうとブロアム・ジェットターボに相当するグレードであった(搭載エンジンはVG30ETでフェアレディZとほぼ同等クラスであった)。


7代目 Y31型系(1987年 - 2014年)[編集]

日産・セドリックセダン(7代目)
Y31型系
前期型 ブロアムL
Nissan-CedricBroughamL.JPG
後期型 ブロアム(3ナンバー車 1999年式)
NISSAN CEDRICSEDANY31 VG30E Brougham.jpg
後期型 クラシックSV リア(1996年式)
セドリック リア.JPG
販売期間 1987年6月 – 2002年6月生産終了
乗車定員 5 / 6人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン VG30ET/VG30E型 3.0L V6
VG20DET/VG20E型 2.0L V6
RD28→RD28E型 ディーゼル2.8L 直6
駆動方式 FR
変速機 5速 / 4速AT
5速MT
全長 4,690 - 4,860mm
全幅 1,695 - 1,720mm
全高 1,445mm
ホイールベース 2,735mm
-自動車のスペック表-
  • 1987年6月 - 発売。VG20E、RD28(スーパーカスタムを除く)エンジン搭載車にも、タコメーターが装備された。CA20S廃止。グレード名称が変更される。営業車の銀色バンパーが樹脂に変更される。前期オリジナル(営業車)のみ丸目4灯ヘッドライトを採用する。また、オーテックジャパン製作のストレッチリムジンロイヤルリムジンが登場した。価格は約1500万円。セダンのコラムマニュアル車は営業車のみとなった。このモデルより、営業用車を除くモデルが4輪独立懸架(ストラット+セミトレーリングアーム)になり、操縦安定性が向上しグランツーリスモと呼ばれるグレードも設定された。フロアAT車のパーキングブレーキが足踏み式になった。海外輸出も欧州を除いて東南アジア・中東へ向けられた。
  • 1987年9月 - VG20Eエンジン車にブロアムを追加。
  • 1988年6月 - VG20DETエンジン車にグランツーリスモSV、RD28スーパーカスタム・コラムATを追加。AT車にシフトロックシステム採用。
  • 1989年6月 - マイナーチェンジ。フロントグリル、リヤテールランプのデザイン変更。VG20DET型にインタークーラーを装着し、ハイオク化と共に185psから210psに向上。電子制御5速オートマチックも登場。ブロアムを3ナンバー化。オーテックジャパン製作でボディを150mmの延長の150Lが追加された。ガソリン車だが、ほとんどがハイヤー用途のため、LPGに改造された車両が多く最終型でもエアバッグの無い車両が多い。
  • 1990年8月 - VG20DET車ブロアムに5ナンバー車復活、クラシックを中心にフルオートエアコン、リヤオーディオコントロールユニット等を標準装備化。
  • 1991年6月 - マイナーチェンジ。外見が大幅に変更され、Cピラー部に有ったオペラウインドウが廃止された。ターボエンジンは廃止され、スーパーカスタムにもタコメーターを装備されるようになる。日産車体にての製造になる。ハードトップはY32にモデルチェンジ。
  • 1994年8月 - 運転席エアバッグ標準装備。但し個人タクシー、ハイヤー向けにレス仕様も設定された。
  • 1995年9月 - マイナーチェンジ。3ナンバー車の外装はグリル、ヘッドランプ、およびバンパーのデザインなどを変更。5ナンバー車の外装はグリルとテールランプなど変更。ハードトップは6月にY33にモデルチェンジ。
  • 1996年9月 - 一部改良。ABS全グレード標準装備化。
  • 1998年6月 - 一部変更。インパネの形状変更で助手席エアバッグ標準装備/ラジオアンテナはガラスプリント化。ガソリン車のコラムAT&ベンチシート車は廃止される。
  • 1999年8月 - グロリアセダンを統合。ハードトップは同年6月にY34にモデルチェンジ。セダンが一部改良でRD28に代わりRD28Eが搭載される。ディーゼル車ブロアム(3No、5No)、クラシックSVが廃止され、クラシックのみとなった。また、海外輸出もタクシー向けに絞られ香港・シンガポールなどを除き乗用モデルは終了となった。
  • 2002年6月 - 自家用モデル(ガソリン車)製造中止。営業車は排出ガス規制を行い継続生産され、4気筒LPG車のみになる。2014年9月には生産に幕を閉じる。


グレード[編集]

230

  • スタンダード
  • デラックス
  • カスタムデラックス
  • スーパーデラックス(前期型のみ)
  • GL
  • GX

330

  • スタンダード
  • デラックス
  • カスタムデラックス
  • GL
  • GL-E(EGI仕様車追加後)
  • SGL(2000は前期型のみ)
  • SGL-E(EGI仕様車追加後)
  • SGL-Eエクストラ(332型のみ、1978年11月~1979年6月)
  • ブロアム(後期型)

430

  • スタンダード(LPG車はZ20型4気筒。SD22型(前期型)/SD20型ディーゼル車もあり。)
  • デラックス(LD28型ディーゼル車はVO-6。1979年中に限りSD22型ディーゼル車もあり。ATのみのEGI仕様も前期型にあり)
  • カスタムデラックス(ATのみのEGI仕様は前期型にあり)
  • GL(LD28型ディーゼル車はVL-6。1979年中に限り430セダン唯一のタコメータ装備のSD22型ディーゼル車もあった。前期型ガソリン車はMTのみのキャブレター仕様あり)
  • SGL(後期型はL20E搭載のSGLエクストラがSGLにスイッチされる)
  • SGLエクストラ(ディーゼル車はVX-6、後期型はターボエンジンのみ)  
  • ブロアム

Y30

  • スタンダード(輸出用に関しては前期がSD23で後期がTD25へアップされている)
  • デラックス
  • カスタムデラックス
  • GL(最終期の1987年1月にGLとエクセレンス(ガソリン/ディーゼル車)が、エクセレンスGに統合される。LPG仕様は87年6月まで)
  • エクセレンス(前期型はGLベースの特別仕様車。後期型は1986年1月発売。1987年1月にGLと同様に,エクセレンスGに統合)
  • SGL(ターボ車設定有。後期型はLPG車も登場。輸出用はV30E/Sが適用される)
  • ターボF(前期型)
  • ブロアム
  • ブロアムVIP(1984年1月発売、後期型はターボ車のみへ)
  • パトロール(日本仕様のほかにメキシコ向けも存在した。国内向けはSTDベースなのに対しメキシコ仕様はブロアムをベースとしている。またホイールはZ31のを流用した)

Y31

  • オリジナル(営業車のみ、ヘッドライトは1991年6月まで丸型4灯・1991年6月以降はフォグランプ内蔵異型2灯。輸出用もTD27へ変更ののちにNA20Pへ適用)
  • カスタム(営業車のみ)
  • スーパーカスタム(営業車版)
  • スーパーカスタム(自家用版)
  • スーパーカスタムG(1995年9月追加。スーパーカスタムをベースに4ドアパワーウインドとマニュアルエアコンを装備)
  • クラシック
  • クラシックSV
  • ブロアム(1991年6月まではターボエンジン車もあり)
  • ブロアムVIP Cタイプ(電子制御エアサスペンション非装着)
  • ブロアムVIP (1991年6月まではターボエンジン搭載)
  • グランツーリスモSV(1988年6月~1991年6月・フォグランプ内蔵のフロントバンパーを装備した)
  • VIP (中国市場向けのみで、現地で販売されている米国製高級乗用車にブロアムが存在していたことから混同を避ける目的から。) 
  • パトロール

エンジン(Y30)[編集]

輸出用としては以下の系列に適用される
  • SD23 2300直列4気筒ディーゼル(前期型のみ)
  • TD25 2500直列4気筒ディーゼル(後期型)
  • VG30S 3000V型6気筒ガソリン(中東・アフリカ市場向け)
  • VG30E 3000V型6気筒ガソリン(アジア・オセアニア・欧州・中南米市場向け)
  • VG30ET 3000V型6気筒ガソリン ターボ(メキシコ市場向けパトロール専用)      

エンジン(Y31)[編集]

Y31等に搭載されている、VG20E型ガソリンエンジン。

他にもハイヤーなどはVG30EをLPG改造してもらうことが多い(形式PY31改)。


輸出向けとして、

  • TD25 2500直列4気筒ディーゼル
  • TD27 2700直列4気筒ディーゼル
  • VG30S 3000V型6気筒ガソリン・キャブレター仕様
  • VG30E 3000V型6気筒ガソリン・電子制御燃料噴射
  • NA20P 2000 直列4気筒LPG(2000年車以降の営業車)

が用意される。

型式一覧(Y31)[編集]

  • NJY(CA20P)
  • QJY(NA20P)
  • MJY・CMJY(RB20P)
  • BJY・CBJY(VG20P)
  • Y・CY(VG20E)
  • PY(VG30E)
  • PAY(VG30E・エアサス){VG30ET・エアサス}
  • UY(RD28)
  • TY(VG20E・教習車)
  • YPY(VG30E・パトカー、セドリックのみ) 
  • YY(VG20E・パトカー、Y31中期までのグロリアのみ)
  • 2000cc・3ナンバー車は型式名の最初にCが付く 
  • 430以前は型式名の前にYが付かないため430、P430、YP430などとなる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]