日産・ローレルスピリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:初代の画像改訂の画像提供をお願いします。2011年1月

ローレルスピリットLAUREL SPIRIT )はかつて日産自動車が製造・販売していたセダン形の乗用車である。

概要[編集]

5-6代目(B11-12型)サニー姉妹車日産モーター店系列で取り扱う高級小型車として、ローレルの雰囲気を持つエントリーモデルとして販売されていた。初代/2代目ともに4ドアセダンのみのラインナップだった。

低価格モデルを除き、パワーステアリングパワーウィンドウ(2代目のみ)、集中ドアロック安全装置ABS(2代目4WDのみ)などの省力・快適設備が装備されていた。

歴史[編集]

初代(B11型 1982年-1986年)[編集]

日産・ローレルスピリット(初代)
B11型
姉妹車のB11型サニー4ドアセダン
Nissan Sunny B11 CH Rastplatz.jpg
販売期間 1982年1月-1986年8月
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン E15S型 1.5L 直4
E15E型 1.5L 直4
E15ET型 1.5L 直4
CD17型 1.7L 直4ディーゼル
駆動方式 FF
全長 4,050mm
全幅 1,620mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 820kg
-自動車のスペック表-

メッキパーツを使用して高級感を出し、最上級グレードのXJ系には当時のC31型ローレルと同様のツートンカラーも用意されていた。当時海外生産していた同型のサニーが、実はこのローレルスピリットのフロントグリルを流用していた。

搭載するエンジンは当初E15S型およびE15E型(ともに1,487cc)。サニーに存在した1,300ccの設定はなかった。

グレード構成はLT(GL)、LT-G(GL-L)、LF(SGL)、XJ(SGLエクストラ)、XJ-E(SGX-E)。( )内はサニーに相当するグレード)

  • 1982年1月 - 1981年にフルモデルチェンジしたB11型サニー4ドアセダンをベースとした姉妹車として登場。
    • 7月 - 特別仕様車発売。
    • 10月 - 特別仕様車発売。
  • 1983年1月 - 115馬力のE15ET型ターボチャージャー付エンジン搭載車(ターボXJ)を追加。
    • 4月 - 一部改良。
    • 11月 - マイナーチェンジでフロントグリル、テールランプ等の意匠が変更され、1,700ccディーゼルも追加された。
  • 1984年11月 - 一部改良。
  • 1985年1月 - 一部改良。ターボの冷却方式を水冷式に変更。
    • 9月 - サニーがB12にフルモデルチェンジした後もローレルスピリットはB11型を継続生産。
    • 11月 - エクストラシリーズ発売。


2代目(B12L型 1986年-1990年)[編集]

日産・ローレルスピリット(2代目)
B12L型
後期型 1500グランドリミテッド
※フロント、14インチスチールホイールと14インチフルホイールカバーは非オリジナル
Nissan-LaurelSpiritB12.JPG
後期型 1500グランドリミテッド
(リア)
Nissan-LaurelSpiritB12rear.JPG
販売期間 1986年8月 - 1990年1月
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン E15S型 1.5L 直4(前期型のみ)
E15E型 1.5L 直4(前期型のみ)
GA15S型 1.5L 直4(後期型のみ)
GA15E型 1.5L 直4(後期型のみ)
CA16DE型 1.6L 直4
CD17型 ディーゼル1.7L 直4
駆動方式 FF/4WD
全長 4,285mm
全幅 1,640mm
全高 1,385mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 1,090kg
後継 日産・プレセア(事実上)
-自動車のスペック表-
  • 1986年8月 - 2代目発売。先代モデルはサニーのエクステリア変更程度の差別化だったが、2代目になると更にサニーとの明確な差別化が図られた。フロント・リアのフェンダーは専用デザインとなり、Cピラーの化粧パネルとボンネット上のフードマスコットが追加されている。最上級グレードは4気筒DOHC16バルブエンジン(CA16DE型)を搭載する「1600グランドリミテッド ツインカム」となる。内装もワインカラーを採用するなど高級感を打ち出した。
エンジンは全て4気筒でE15S型(SOHC・電子制御キャブレター、1,500cc)およびE15E型(SOHC・マルチポイントインジェクション、1,500cc)、CA16DE型(DOHC16バルブ、1,600cc)、CD17型(SOHC、1,700cc)ディーゼルが設定されていた。
  • 1987年9月 - 一部変更(実質的にはマイナーチェンジ)。E15型エンジンがGA15型(1,500cc4気筒SOHC12バルブ、電子制御キャブレター仕様はGA15S、マルチポイントインジェクション仕様はGA15E)に差し替えとなり、フルオートフルタイム4WDが設定された。また、ほぼ同期にマイナーチェンジを実施したB12型サニー同様、フロントワイパーアームの形状が変更され、更にフルオートフルタイム4WDの上級グレードに限り、安全装置の機械式のABS(当時の日産の独自名称で4WAS)がメーカーオプションで用意されていた。
  • 1988年10月 - 再度の一部変更でグランドリミテッド系にラジオスイッチ連動式電動アンテナとリヤシートにセンターアームレストを追加。
  • 1989年11月 - オーダーストップ、並びに生産終了。在庫のみの対応となる。
  • 1990年1月 - サニーのフルモデルチェンジとモデル統廃合に伴い販売終了。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]