日産・サニーカリフォルニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サニーカリフォルニア(Sunny California)は、日産自動車1979年から1996年まで製造・販売していたステーションワゴン型の乗用車。セダンのサニーとプラットフォームを共有。

歴史[編集]

初代 B310型(1979年 - 1981年)[編集]

ダットサン・サニーカリフォルニア(初代)
B310型
ダットサン210 ワゴン(北米仕様・前期型)
1979 Datsun 210 wagon (B310), US.jpg
Datsun210MapleBack.jpg
販売期間 1979年1月 - 1981年10月
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアステーションワゴン
エンジン A12S 直列4気筒 OHV 1.2L
A13S 直列4気筒 OHV 1.3L
A14S/A14E型 直列4気筒 OHV 1.4L
A15S/A15E型 直列4気筒 OHV 1.5L
駆動方式 FR
変速機 3速AT/4速MT/5速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイル
後:4リンクリジッド+コイル
全長 4,160mm
全幅 1,595mm
全高 1,345mm
ホイールベース 2,340mm
車両重量 900kg
ブレーキ 前:ディスク
後:ドラム
データモデル SGL
-自動車のスペック表-
  • 1979年1月 B310型セダンの登場から1年2ヶ月遅れてサニーシリーズ初のステーションワゴンとしてデビュー。ただし、当時はステーションワゴンではなく"5ドアハッチバックセダン"扱いだった。
  • 1979年10月 マイナーチェンジでフロントノーズをスラント化。同時にリヤナンバープレートの位置をバンパー上に移動。当時流行の角型ヘッドランプなどを採用。
  • 1980年11月 マイナーチェンジ。1200を1300(1300ccのA13型)に、1400を1500(1500ccのA15型)にそれぞれ変更。
  • 1981年10月 B11型にバトンタッチし終売。


2代目 B11型(1981年 - 1985年)[編集]

日産・サニーカリフォルニア(2代目)
B11型
前期型
Nissan Sunny B11 Estate 1982.jpg
販売期間 1981年10月 - 1985年9月
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアステーションワゴン
エンジン E13S型 1.3 L 直4
E15S/E15E型 1.5 L 直4
CD17型 1.7 Lディーゼル 直4
駆動方式 FF
変速機 3速AT
4速 / 5速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイル
後:トレーリングアーム+コイル
全長 4,255 mm
全幅 1,620 mm
全高 1,365 mm
ホイールベース 2,400 mm
車両重量 835kg
ブレーキ 前:ディスク
後:ドラム
データモデル 1500SGL
-自動車のスペック表-
なお、1981年(昭和56年)7月に当時の石原俊社長の方針で、国内外で展開していた「ダットサン」ブランドを廃止し、「日産」ブランドへ統一する事が発表された(ダットサン・ピックアップを除く)ため、「日産・サニーカリフォルニア」となる。
  • 1982年(昭和57年)10月 初のディーゼルエンジン車を設定。直列4気筒SOHC・1,680 ccのCD17型を採用。最高出力はグロス値で61馬力を発生した。
  • 1983年(昭和58年)10月 マイナーチェンジ。E15Eエンジン搭載車廃止、フェイスリフトで後期型となる。
  • 1984年(昭和59年)10月 一部改良。
  • 1985年(昭和60年)9月 B12型系にバトンタッチし、終売。


3代目 B12型(1985年 - 1990年)[編集]

日産・サニーカリフォルニア(3代目)
B12型
北米仕様
4-Door 2nd Gen Sentra Hatch.jpg
販売期間 1985年9月 - 1990年10月
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアステーションワゴン
エンジン E15S→GA15S/GA15E型 直4 1.5L
E13S型 直4 1.3L
CD17型 直4 ディーゼル1.7L
駆動方式 FF / 4WD
変速機 4速 / 3速AT
5速 / 4速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイル
後:パラレルリンクストラット+コイル
全長 4,270mm
全幅 1,640mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 960kg
ブレーキ 前:ディスク
後:ドラム
データモデル 1500SGL
-自動車のスペック表-
  • 1985年9月 B12型サニーの5ドアワゴン[2]として登場。通称「トラッドサニー」。リアシートは5:5の左右分割可倒式でリクライニング機構付き。歴代のサニーカリフォルニアとしては最もラゲッジルームの容積が小さく、どちらかと言えばショートワゴン、もしくは5ドアハッチバックセダンに近いスタイリングとなっている。エンジンはガソリン1.5リッターとディーゼル1.7リッター。リアサスペンションは先代のトレーリングアームから、パラレルリンク式ストラット/コイルの独立懸架へと変更。
  • 1986年9月 ビスカスカップリング式の「フルオート・フルタイム4WD」車を追加。
  • 1987年9月 マイナーチェンジ。外装ではフロントマスクと、特にリア周りのデザイン(リアコンビネーションランプやナンバー取付け位置など)が変更された。特筆すべきはエンジンで、1500ccガソリン車のエンジンが、直列4気筒SOHC・8バルブのE15型から、直列4気筒SOHC・12バルブGA15[3]に変更された。「1500スーパーサルーン」系のフルオート・フルタイム4WD車にはメカニカル式ABSをメーカーオプションで設定。
  • 1988年6月 トリプルビスカス式4WD車を追加。
  • 1989年1月 2回目のマイナーチェンジ。
  • 1990年10月 Y10型にバトンタッチし終売。


4代目 Y10型(1990年 - 1996年)[編集]

日産・サニーカリフォルニア(4代目)
Y10型
前期型
1990年10月 - 1993年8月
Nissan Sunny California 001.JPG
後期型
1993年8月 - 1996年5月
Nissan Sunny California.JPG
販売期間 1990年10月 - 1996年5月
乗車定員 5人
エンジン GA15DS型 直4 1.5L キャブ→
GA15DE型 直4 1.5L EGI
駆動方式 FF / 4WD
変速機 4速AT / 5速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイル
後:トーションビーム+コイル
全長 4,175mm
全幅 1,665mm
全高 1,515mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 1,020kg
ブレーキ 前:ディスク
後:ドラム
データモデル タイプA
後継 日産・ウイングロード
-自動車のスペック表-
  • 1990年10月、セダンの9か月遅れでデビュー。セダンは「B13型」となったが、こちらは2代目ADバン・ADワゴンとボディをほぼ共有するため、それと同じ「Y10型」となる。
  • エンジンはDOHC・キャブレターの「GA15DS」一機種、グレードもベーシックモデルの「タイプA」とハイグレードの「タイプB」の2つのみに絞られる。
  • 4WDはビスカスカップリング式の「フルオート・フルタイム4WD」を継続採用。
  • 1993年8月 マイナーチェンジ。フロントバンパー/サイドガードモールのデザイン変更、ハイマウントストップランプ付きリアスポイラー、サイドドアビーム、衝撃吸収ステアリングパッドを新採用。エアコンを新冷媒タイプに変更。
  • 1994年9月 一部改良。タイプAの装備を簡略化し、専用シートトリムなどを追加した「サンホゼ」を新設定。「GTパック」や「オーディオパック」をオプション設定。全車にABSをオプション設定。
  • 1995年6月 一部改良。「GA15DS」をEGI仕様の「GA15DE」に換装、最高出力が94psから105psにアップ。全車に運転席SRSエアバッグを標準装備。フロントグリル、シートトリムのデザイン変更。
  • 1996年5月 ADワゴンと統合し、大掛かりなフェイスリフトを行ない「ウイングロード」として再出発を果たすこととなる。「サニーカリフォルニア」の名はこの代をもって消滅した。

Nissan Sunny California 004.JPG
リアビュー

脚注[編集]

  1. ^ 1981年当時はまだ5ドアハッチバックセダン扱いだった。
  2. ^ 1985年当時はまだ5ドアハッチバックセダン扱いだった。
  3. ^ 1気筒あたり吸気×2、排気×1の3バルブ方式で日産車史上初。電子制御キャブレター(ECC)仕様のGA15S・85psと電子制御インジェクション(EGI・ECCS)仕様のGA15E・97ps。いずれもカムシャフトの駆動はゴム製のタイミングベルトに代わり、メンテナンスフリーのシングルローラーチェーンが用いられている。

関連項目[編集]