プリンス・ライトコーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ライトコーチLIGHT COACH[1] )はプリンス自動車工業が製造・販売していたマイクロバスである。1966年のプリンス自動車工業と日産自動車の合併後も引続き製造され、日産・プリンス店で販売された。

歴史[編集]

初代(1958年 - 1963年)[編集]

  • 1958年3月、AQVH-1L型。クリッパーCQ型シャシーをベースに大型の16人乗りマイクロバスとして登場。車体は目黒車体製。
  • 1960年2月、マイナーチェンジ。BQVH-1L型。GB4型1862ccエンジン搭載。17人乗り
  • 1961年6月、マイナーチェンジ。BQVH-2L型。
  • 1961年7月、マイナーチェンジ。BQBAB-2型。ボディ変更。21人乗り

2代目(1963年 - 1976年)[編集]

  • 1963年、フルモデルチェンジ。B632-4(A)21人乗り、B632-4(B)24人乗り。2代目グロリアにも似た流麗なデザインとなる。
  • 1968年、マイナーチェンジ。エンジンをプリンス設計のG1型、G2型から日産設計のH20型SD22型に変更。
  • 1976年5月、ベースとなったクリッパーがフルモデルチェンジでキャブオールの姉妹車となったこともあり、シビリアンに統合される形で販売終了。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]