スズキ・K型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スズキ・K型エンジン
生産拠点 日本の旗 日本
スズキ
インドの旗 インド
マルチ・スズキ・インディア
製造期間 1994年9月 - 現在
タイプ 直列3気筒DOHC12バルブ
直列4気筒DOHC16バルブ
排気量 0.66リットル
1.0リットル
1.2リットル
1.4リットル
1.5リットル
テンプレートを表示
K6A(写真は2代目日産・モコ

スズキ・K型エンジンは、日本スズキ、およびインドマルチ・スズキ・インディアによって製造される排気量0.66リットル-1.5リットルのガソリンエンジンで、同社のF型エンジンの領域を引き継いでいる。

概要[編集]

バルブ駆動方式は全てDOHCを採用し、バルブ数は吸気2、排気2の気筒当たり4バルブを採用する。2015年4月現在、軽商用車を含む一部の軽自動車から、Bセグメントクラスのコンパクトカーに至るまで、多くの車種に搭載されている。また社外向けにも2013年からケーターハム・セブン160/165用としてK6A型を供給しており、660ccながら軽自動車の自主規制を超える58.8kW(80PS)を出力する。

K6A型エンジンについては、軽自動車初の直噴式によるインタークーラーターボ仕様が存在していた[1]

なお、従来のF型が全て鋳鉄シリンダーブロックを採用したのに対し、K型は全てアルミニウム合金ダイカストを採用した設計となっており、従来のF型に対して軽量化を達成している。更に同社の自動車用のエンジンとしては初めてカムシャフト駆動用としてタイミングチェーンが用いられた。

0.66リットルモデルの後継はR型エンジン。

K6A[編集]

アルトワークス(E-HA21S)のK6Aエンジン左:吸気側、右:フライホイール側 アルトワークス(E-HA21S)のK6Aエンジン左:吸気側、右:フライホイール側
アルトワークス(E-HA21S)のK6Aエンジン
左:吸気側、右:フライホイール側
  • 生産期間:1994年 - 2018年
  • 排気量:0.66リットル(658 cc)
  • シリンダー数:3
  • 内径×行程:68.0 mm×60.4 mm
  • 圧縮比:10.5(NA) 、8.4、8.6、8.9(ターボ)、 9.0(直噴ターボ)、12.5(CNG)
  • 出力・トルク
    • 自然吸気
      • 40 kW(54 PS)/6,500 rpm 63 Nm(6.4 kg·m)/3,500 rpm VVT
      • 40 kW(54 PS)/6,500 rpm 61 Nm(6.2 kg·m)/4,000 rpm
      • 36 kW(49 PS)/5,800 rpm 62 Nm(6.3 kg·m)/4,000 rpm
      • 34 kW(46 PS)/6,000 rpm 57 Nm(5.8 kg·m)/3,500 rpm (リーンバーン)
      • 32 kW(44 PS)/5,500 rpm 57 Nm(5.8 kg·m)/3,500 rpm
      • 27 kW(37 PS)/5,500 rpm 55 Nm(5.6 kg·m)/3,500 rpm (ハイブリッド)
    • インタークーラーターボ
      • 47 kW(64 PS)/6,000 rpm 95 Nm(9.7 kg·m)/3,000 rpm
      • 44 kW(60 PS)/6,000 rpm 83 Nm(8.5 kg·m)/3,000 rpm M-ターボ
      • 47 kW(64 PS)/6,500 rpm 103 Nm(10.5 kg·m)/3,500 rpm S-ターボ
      • 47 kW(64 PS)/6,500 rpm 103 Nm(10.5 kg·m)/3,500 rpm DI-ターボ
      • 47 kW(64 PS)/6,500 rpm 105 Nm(10.8 kg·m)/3,500 rpm
      • 47 kW(64 PS)/6,500 rpm 108 Nm(11.0 kg·m)/3,500 rpm VVT
      • 58.8 kW(80 PS)/7,000 rpm 107 Nm(10.9 kg·m)/3,400 rpm
    • CNG
      • 37 kW(50 PS)/6,500 rpm 58 Nm(5.9 kg·m)/3,500 rpm VVT

K10A[編集]

  • 生産期間:1997年 - 2003年(日本国内)
  • 排気量:1.0リットル(996cc)
  • シリンダー数:4
  • 内径×行程:68.0mm×68.6mm
  • 圧縮比:10.0(NA) 8.4(ターボ)
  • 出力・トルク
    • 自然吸気
      • 51kW(70PS)/7,000rpm 88Nm(9.0kg·m)/3,500rpm VVT
    • インタークーラーターボ
      • 74kW(100PS)/6,500rpm 118Nm(12.0kg·m)/4,000rpm

K10B[編集]

  • 生産期間:2008年 - (現時点では日本国外専用)
  • 排気量:1.0リットル(996cc)
  • シリンダー数:3
  • 内径×行程:73.0mm×79.4mm
  • 圧縮比:11.0
  • 出力・トルク
    • 自然吸気
      • 50kW(68PS)/6,000rpm 90Nm(9.2kg·m)/4,800rpm VVT

K10C[編集]

  • 生産期間:2014年 -
  • 排気量:1.0リットル(996cc)
  • シリンダー数:3
  • 内径×行程:73.0mm×79.4mm
  • 圧縮比:12.0(NA) 10.0(ターボ)
    • 搭載車種:セレリオ(NA)、バレーノ(ターボ、プレミアムガソリン仕様→レギュラーガソリン仕様[2])、スイフト(ターボ、レギュラーガソリン仕様、4代目)、クロスビー(ターボ、レギュラーガソリン仕様、モーターとの組み合わせによるマイルドハイブリッド)
  • 出力・トルク
    • 自然吸気
      • 50kW(68PS)/6,000rpm 90Nm(9.2kg·m)/4,800rpm デュアルジェット
    • インタークーラーターボ
      • 82kW(111PS)/5,500rpm 160Nm(16.3kg·m)/1,500 - 4,000rpm ブースタージェット(プレミアムガソリン仕様)
      • 75kW(102PS)/5,500rpm 150Nm(15.3kg・m)/1,700 - 4,500rpm ブースタージェット(レギュラーガソリン仕様)

K12B[編集]

  • 生産期間:2007年 - (日本国内)
  • 排気量:1.2リットル(1,242cc) ※タイでは1.25リットルと表記されている。
  • シリンダー数:4
  • 内径×行程:73.0mm×74.2mm
  • 圧縮比:11.0 (デュアルジェット:12.0)
  • 出力・トルク
    • 自然吸気
      • 66kW(90PS)/6,000rpm 118Nm(12.0kg·m)/4,400rpm VVT
      • 67kW(91PS)/6,000rpm 118Nm(12.0kg·m)/4,800rpm 吸排気VVT
      • 67kW(91PS)/6,000rpm 118Nm(12.0kg·m)/4,400rpm デュアルジェット

K12C[編集]

  • 生産期間:2015年 - (日本国内)
  • 排気量:1.2リットル(1,242cc)
  • シリンダー数:4
  • 内径×行程:73.0mm×74.2mm
  • 圧縮比:12.5
  • 出力・トルク
    • 自然吸気
      • 67kW(91PS)/6,000rpm 118Nm(12.0kg·m)/4,400rpm デュアルジェット

K14B[編集]

  • 生産期間:2010年 - (現時点では日本国外専用)
  • 排気量:1.4リットル(1,372cc)
  • シリンダー数:4
  • 内径×行程:73.0mm×82.0mm
  • 圧縮比:10.0
    • 初搭載車種:スイフト(現時点では日本国外専用)
  • 出力・トルク
    • 自然吸気
      • 70kW(95PS)/6,000rpm 130Nm(13.2kg·m)/4,000rpm VVT

K14C[編集]

  • 生産期間:2015年 -
  • 排気量:1.4リットル(1,371cc)
  • シリンダー数:4
  • 内径×行程:73.0mm×81.9mm
  • 圧縮比:9.9
  • 出力・トルク
    • インタークーラーターボ
      • 100kW(136PS)/5,500rpm 210Nm(21.4kg·m)/2,100 - 4,000rpm ブースタージェット
      • 103kW(140PS)/5,500rpm 230Nm(23.4kg·m)/2,500 - 3,500rpm ブースタージェット

K15B[編集]

ジムニーシエラ(三代目)に搭載されるK15Bエンジン
  • 生産期間:2018年 -
  • 排気量:1.5リットル(1,460cc)
  • シリンダー数:4
  • 内径×行程:74.0mm×84.9mm
  • 圧縮比:10.0
    • 初搭載車種:エルティガ(2代目)※日本ではジムニーシエラ(3代目)に初搭載
  • 出力・トルク
    • 自然吸気
      • 75kW(102PS)/6,000rpm 130Nm(13.3kg·m)/4,000rpm VVT

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2009年12月にHG21S型セルボSRの販売終了に伴い消滅。他社の660cc直噴仕様はダイハツEF-VD型が過去存在していた。
  2. ^ 2018年5月の一部改良以降。