追浜ワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

追浜ワークス(おっぱまワークス)とは、1960年代 - 1970年代の日産自動車ワークス・チームのうち、神奈川県横須賀市追浜工場内にある日産の総合研究所配下のチーム、また同チームと契約を結んでいたドライバー達のことを指す。

概要[編集]

1963年に日産社内に実験部第3実験課が創設されたのを「追浜ワークス」の実質的な起源とするのがメディアでは一般的である[1]。初代課長(実質的な監督)には、1958年にオーストラリアモービルガス・トライアルでダットサン1000乗用車がクラス優勝を飾った際のドライバーである難波靖治が就任した。

1966年に日産がプリンス自動車と合併したために組織改編が行われ、旧日産側のチームは「特殊車両部第1実験課」と名称を改めラリー活動に専念することになり、サーキットレース用の車両については旧プリンス側チームが母体の「特殊車両部第2実験課」が担当することになった。旧プリンス側の部隊については、本拠地は追浜ではなく旧プリンスの村山工場内に置かれていたが、当時メディアではこれら特殊車両部全体を指して「追浜ワークス」と称する場合が多かった[1]

第2実験課は日本グランプリ参戦用マシンとして、R380 - R383といったプロトタイプレーシングカーの開発を担当[2]。一方で第1実験課はサファリラリー等の国際ラリーに出場するマシンの開発を担当していた。

プロトタイプカーを開発する追浜ワークスは「一軍」とみなされ、ツーリングカーGTカー(市販車の改造マシン)でレースを行う二軍的チームとして大森ワークス(日産宣伝部が管轄)が存在した。

1970年、「排ガス対策の開発に集中する」という理由から日産が日本グランプリへの参加を取りやめたため、第2実験課はプロトタイプカー開発を中止し、ツーリングカーの開発にシフト。追浜ワークスがツーリングカー開発に参入(再参入)したため、それ以降の両ワークスは同じ日産直属の組織でありながら、ライバル関係が激化する。両ワークスの切磋琢磨の結果、スカイライン2000GT-RやフェアレディZといった車種がレースで圧倒的な強さを発揮するが、1974年にオイルショックの影響から日産がツーリングカーレースへの参戦も取りやめると、第2実験課は実質的な活動を停止した。

1970年代後半には、自動車排出ガス規制への注力により日産社内のモータースポーツ関連の予算が大幅に削減されたため、村山の第2実験課が解散し、追浜の第1実験課に機能が統合された。しかし第1実験課によるラリー活動は続けられ、1979年から1982年にかけてサファリラリーで総合4連覇を達成している。またこの時期、日産としては珍しくフォーミュラカー分野への参戦(フォーミュラ・パシフィックへのエンジン供給)も行われている。

1980年代に入ると景気が回復したため、追浜もスカイラインターボCに代表されるシルエットフォーミュラの開発など、サーキットレース用の車両開発を徐々に再開。しかし1984年に大森ワークスをベースにNISMOが設立され、日産のモータースポーツ活動を全てNISMOに集約することとなったことから、追浜ワークスは消滅した。

主な所属ドライバー[編集]

  • 田中健二郎 - 1965年加入。元ホンダ世界GPライダーであり、1964年にホンダに在籍しつつ日産宣伝部ワークス(後の大森ワークスの母体)にスポット加入し、第2回日本グランプリに出場しクラス優勝[3]。1968年にタキ・レーシングへと移籍し、以後はフリー(プライベーター)。2007年死去。
  • 高橋国光 - 1965年、ホンダの同僚だった田中健二郎に誘われる形で加入(2輪から4輪に転向)。1974年に追浜ワークスが正式に活動を停止するまでプライベートチームとの並行活動。
  • 北野元 - 1965年に、ホンダの同僚の高橋国光と同様の経緯で加入。1974年に追浜ワークスが正式に活動停止をするまでプライベートチームとの並行活動。
  • 黒沢元治 - 大森ワークスから1968年昇格。1972年末でニッサンを辞めてヒーローズレーシングへ移籍。以後フリー(プライベーター)。
  • 都平健二 - 大森ワークスから1969年昇格。1974年の正式な活動停止までプライベートチームとの並行活動。
  • 長谷見昌弘 - 大森ワークス(1965〜1967年)タキ・レーシング(1968〜1969年)を経て1970年に加入。以後1974年までプライベートチームと並行しての活動。
  • 砂子義一 - 元プリンスワークスドライバーで、1966年8月、プリンス自動車との合併後加入。1971年までドライバーとして活動し、以後はマネジメントにまわる
  • 横山達 - 元プリンスワークスドライバーで、1966年8月、プリンス自動車との合併後加入。1970年まで活動。砂子義一と共にマネジメント役を担当。後にニッサン系の自動車工場であるスクーデリアニッサンを主宰。1998年死去。
  • 大石秀夫 - 元プリンスワークスドライバーで、1966年8月、プリンス自動車との合併後加入。1970年まで所属。その後黒沢レーシングに移籍し1972年まで活動。
  • シェカー・メッタ - 前述したサファリラリー4連覇時のドライバー。それ以前に1973年にもダットサンを駆って総合優勝している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Racing On』(ニューズ出版)2009年1月号・pp.14 - 15
  2. ^ R380シリーズなどの開発前は、ツーリングカーやGTカーも開発していた。
  3. ^ スズキ系モトクロスライダーだった鈴木誠一も、同様に日産にスポット加入し、1965年に大森ワークスのリーダーになっている。

関連項目[編集]