モービル (ブランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エクソンモービル > モービル (ブランド)
ロゴ
モービル国道SS(福島県南相馬市。現在は閉店)
モービルペガサス

モービル (Mobil) は、エクソンモービルおよびその関連会社によって使用される商標名。

概要[編集]

元来はスタンダード・オイル・トラストの解体時に独立した、ヴァキューム・オイル社が開発した航空機潤滑油の商標。ライト兄弟が航空機の実験飛行に使用したといわれる。1931年、スタンダード・オイル・ニューヨーク社(ソコニー)と合併して以来、ソコニー・バキューム社(のちのモービル社)の潤滑油商標となる。日本でも「モービル油」「モービロイル」と呼ばれ、潤滑油の代名詞として知られたが、1960年代に全米・全世界向け同社統一商標として採用され、以降「モービルガソリン」等が販売された。

ペットマークは赤いペガサス。スタンダード・オイル・トラスト時代に全米各地でペガサスの商標が使われていたが、現在の商標はソコニー誕生後に日本の横浜で誕生したもの。日本では長年「ペガサスガソリン」と呼ばれた。

日本では、モービル石油エクソンモービル日本法人、EMGマーケティングを経て、2017年1月時点では東燃ゼネラル石油が運営するブランドのひとつとなっており、2017年4月に東燃ゼネラルがJXエネルギー(NOE)に吸収合併されるため、以降は当面JXTGエネルギーの運営するブランドとなるが、NOEは、新日本石油(NOC)が社名変更する前の日石三菱(NMOC)時代に発足したENEOSブランドに、旧・ジャパンエナジーを吸収合併前からのJOMOブランドを、NMOC→NOC→NOEのENEOSブランドに一本化された経緯があるため、東燃ゼネラルが展開する他のブランドである、ゼネラルESSOを含め、統一される可能性を否定していないため、これらのブランドが今後も継続されるかどうかは未定となっている。

関連項目[編集]