日産・R383

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日産・R383
R383 01 NF2006.JPG
カテゴリー 二座席レーシングカー
コンストラクター 日産自動車
デザイナー 桜井眞一郎
先代 日産・R382
後継 日産・R390
主要諸元
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン
全長 4,115 mm
全幅 2,030 mm
全高 1,088 mm
トレッド 前:1,280 mm / 後:1,260 mm
ホイールベース 2,400 mm
エンジン 日産 GRX3 5,954 cc V12 ツインターボ Can-Am仕様のみ ミッドシップ
トランスミッション ヒューランド 5速 MT
重量 740 kg
タイヤ ファイアストン
主要成績
テンプレートを表示

日産・R383(にっさん・アールさんはちさん)は、日産自動車1970年日本グランプリ、およびCan-Am参戦用に開発した二座席レーシングカーである。当時の国際自動車連盟(FIA)規定でグループ7にあたる。状況の変化のために実戦には一度も出場しなかったことから「幻のマシン」とも呼ばれる。

概要[編集]

1969年の日本グランプリR382で制覇した日産は、グランプリ3連覇とCan-Am参戦を見通し、R38シリーズの総決算となる次期型マシンR383の開発に着手した。

日本グランプリ用はR382と同じGRX-3型V12気筒6.0リットルエンジンを搭載。出力は100馬力向上して700馬力以上となった[1]。Can-Am用はそれにツインターボを装着する計画で、900馬力を予定した[1]。ライバルのトヨタが同時期に開発していたトヨタ・7(5.0リットルターボ)は公称800馬力だった。

R382と外観上最大の相違は、ラジエーターがフロントからサイドへ移動したこと。このためノーズはすっきりスマートになった。空力特性の追求がそれまで以上に重要になっていたからである。

しかし1970年6月8日、日産は「公害・安全問題の解決に注力する」という理由から、この年のグランプリ不参加を表明する。相手を無くしたトヨタもこれに続き、結局この年のグランプリは中止となった。この件に関しては、トヨタ7ターボの優位を知った日産が「勝ち逃げした」とも囁かれた[2]

グランプリ不参加は決定したものの、Can-Am参戦を目指しR383の開発は続行された。この年の8月には1号車が完成している。しかしCan-Am参戦を決定していたトヨタが、8月に起こした死亡事故で参戦を断念し、日産もこれに次ぐことになる。9月21日、正式にR383の開発は中止された。

一般公開[編集]

2006年のニスモフェスティバルで走行するR383

R383は1度も走行することなくお蔵入りしたが、6年後の1976年になって報道陣に公開され、翌年の第22回東京モーターショーでも参考出品の形で一般公開された。日産のプロトタイプマシンがサーキットに戻って来るのは、これから10年以上後の1983年に登場するスカイラインターボCまで待たなければならない。また、完全な日産の自社製プロトタイプとなると、1991年日産・R91CPとなる。

開発から36年後の2006年12月3日、富士スピードウェイで開催されたニスモフェスティバルにおいて、レストアされたR383が初めてサーキットを走行した[3][4]

1984年に登場したグループCカー、ルマン・LM04Cハセミモータースポーツ車「スカイラインターボCトミカ」は青と白のラインで登場しており、製作に際して同車の塗装を参考にしたといわれている。

スペック[編集]

[1]

  • 全長 4,115mm
  • 全幅 2,030mm
  • 全高 1,088mm
  • ホイールベース 2,400mm
  • トレッド(前/後) 1,280/1,260mm
  • 車両重量 740kg
  • エンジン GRX-3(V12・DOHC・4バルブ) 5,954cc(Can-Am仕様はツインターボ)
  • 最高出力 515kW (700ps) 以上
    • ツインターボは900PS
  • 最大トルク 647N・m (66.0kgm) 以上
    • ツインターボは90.0Kgm
  • サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン
  • ギアボックス ヒューランド製5速MT
  • ブレーキ アウトボードディスク
  • タイヤ 18インチ/20インチ

出典[編集]

  1. ^ a b c NISSAN HERITAGE COLLECTION online ニッサンR383 - 日産自動車 2012年11月14日閲覧。
  2. ^ 桂木洋二 『激闘 '60年代の日本グランプリ』 グランプリ出版、1995年、p.246。
  3. ^ 「ニッサンR383」が36年の歳月を経て初走行 -日産自動車(2006年11月16日)
  4. ^ 【NISMO FESTIVAL 2006】幻のレーシングカー『R383』が初めて走った! ~R38_シリーズ4台が初の揃い踏みデモ走行~ - CORISM(2006年12月9日)

関連項目[編集]